ドラマネタバレ・感想

君と世界が終わる日に|1話 ネタバレ*感想【ウォーキングデッド論】




ドラマ「君と世界が終わる日に」第1話が、2021年1月17日(日)に放送されました!

日テレ×Hulu共同制作のドラマで、主演は本作が日テレ系連続ドラマ初主演となる竹内涼真さんです。

テセウスの「心(しん)」さんっぽい感じなのかな…と、予想しています😌

このページでは、ドラマ「君と世界が終わる日に」1話の

  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

ドラマ「君と世界が終わる日に」1話 ネタバレ

ドラマ「君と世界が終わる日に」1話のネタバレです。

消えた来美

2019年、神奈川県三浦半島の三浦市。

自動車整備工の間宮響(竹内涼真)は、同棲中の研修医恋人・来美(中条あやみ)にプロポーズする日だった。

いつものようにバイクで職場へ通勤途中、響は謎のトンネル崩落事故に巻き込まれ閉じ込められてしまう!

目を覚ました響は懸命に崩落したガレキを取り除き、数日後、なんとかトンネルを脱出することに成功。

ところがの前に広がっていたのは、誰もいない荒れ果てた街の姿。

不思議に思いながら何とか整備工場へ着くと、職場の人たちは血だらけで死んでおり、生き残っていた社長や同僚はゾンビになっていた💦

響きは急いで自宅アパートに戻るも、荒らされた部屋から来美の姿は消えていた…。

等々力(笠松将)との再会

生存者を探す響が近くの消防署に辿り着くと、またしてもゾンビに追われたが、突然に銃口を突きつけられた。

銃を構えていたのは、響の同級生で警察官の等々力(笠松将)で、

ゾンビに噛み付かれると伝染する“謎の感染症”がパンデミックを起こし、避難指示が出た。

と、いう信じられない事実を知らされた響。

しかし、等々力は響のことを「簡単には信用できない、平気で人を裏切る奴」と、過去の出来事を引きずっているようす。

陸の孤島となった消防署には、ゾンビ化していない数名の人たちが身を寄せていた。

本来は救助が来るハズだったが、昨日から「避難所」とは音信不通。ゾンビは夜な夜な数が増し、生存者たちには恐怖が広がっていた…。

夜が訪れるとゾンビたちの動きは激しくなり、凶暴化!

消防署は危険だと判断し、響たち生存者は避難所を目指し、生きるか死ぬかの危険な脱出を決行した。

どこいってもゾンビ

何とか避難所へ辿り着くと、校庭に来美の病院のクリアファイルが落ちていた。

期待を込め、響は来美の名前を叫びながら避難所を探し歩くと、血だらけになった来美の白衣を発見する。

しかし、来美の遺体が見当たらなかったことから、響は来美の生存を諦めようとしない。

一方、生存者の柊木佳奈恵(飯豊まりえ)が避難所の体育館にいた大勢の生存者たちを発見するも、すでにゾンビ化していた…。

それからゾンビたちに追われはじめ、生存者たちは逃げ惑う内に散らばってしまい、それぞれが追い込まれてしまう!

響は機転を利かせ逃げこんだ教室のカーテンを繋ぎ、ベランダから逃げようとしたが、校庭には大量のゾンビたちが集まってきた。。

腕に違和感

すると、響は1人で校庭の救急車へ飛び乗り、輸血用の血液を弓で撃ち抜き、血のニオイで集まるゾンビの気を逸らすことに成功!

響は元弓道部のお陰でその後も次々にゾンビたちを射貫き、生存者たちのピンチを救っていった。

避難所を脱出した響たちは、漁港へ避難。

そこで漁師の無線を使いながら、生存者からのSOSを探知していると、なんと助けを求める来美の声が!

響は慌てて来美に応答するも、電波が悪くうまく会話ができず、来美の「響、助けて!」の声を最後に無線が途切れてしまう。。

無線を叩きつけ、悔しがる響。

その頃、来美は同僚と一緒に医療用マイクロバスの中にいたものの、その周りには50名を超えるゾンビたちが囲んでいた。

一方、自衛隊横須賀駐屯地では、謎の男・首藤(滝藤賢一)が何かを静かに見つめていた。その視線の先には鎖に繋がれた化け物が…。

そんな中、生存者の1人「小説家の宇和島(笹野高史)」が、腕に違和感を感じていた…。

 

つづく…

君と世界が終わる日に|2話 ネタバレ*感想【犠牲と呆然】ドラマ『君と世界が終わる日に』2話のネタバレ・感想・あらすじ。2021年1月24日に放送。...

 

ドラマ「君と世界が終わる日に」1話 感想

ドラマ「君と世界が終わる日に」1話の感想です。

映画「ウォーキング・デッド」や「I am legend」に似ているという声も聞かれました。

とはいえ、ゾンビの動きは素早いです!

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

 

関連記事【君と世界が終わる日に】キャスト・ネタバレはコチラ

見逃し配信【きみセカ】動画1話〜最新話まで見る【2週間→無料】

 

関連記事
error: Content is protected !!