ネタバレ・感想

麒麟がくる|7話 ネタバレと感想【帰蝶様ガチ勢、心の叫び】3/1



NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が、2020年3月1日(日)に第7話が放送されました。

今回は、麒麟がくる「第7話」

・あらすじ
・ネタバレ
・感想
・帰蝶様ガチ勢、心の叫び
・次回の予告とあらすじ

をまとめさせて頂きました。

 

麒麟がくる「第7話」あらすじ

麒麟がくる「第7話」のあらすじです。

第7話:帰蝶の願い

駿河の今川義元(片岡愛之助)の動きに脅かされた信秀(高橋克典)は、美濃の道三(本木雅弘)と和議を結ぶことを決める。

そのために、道三の娘・帰蝶(川口春奈)を、信秀の嫡男・信長(染谷将太)の妻に迎え入れたいと申し出る。

旅から明智荘に帰った光秀(長谷川博己)を、帰蝶が待ち構えていた。

幼なじみで、ほのかな恋心を抱く光秀に、今回の尾張への輿(こし)入れを止めてほしいと頼む。

一方、道三からは、口をきかなくなった帰蝶を説得するように命じられる。

麒麟がくる「第7話」ネタバレ

天分十七年(1548年)の秋。

美濃の斎藤利政は、西美濃にある大垣城を攻めた。信秀の敗因は、織田一族が割れたことであった。

清須城の守護代「織田彦五郎」が、信秀の城「古渡城」を攻めたのである。信秀は大垣城を諦め、古渡城へ引き返さざるを得なかった。

帰蝶を尾張へ嫁がせる!?

一方、光秀は駒と共に明智荘へ戻ってきた。

光安から、尾張の織田信秀が和議を申し出ていると聞かされます。

織田一族の内紛と今川義元の脅威により、このままではやっていけないと

信秀が言っているとのこと。

利政も「同意した」と言っているようで、驚き喜ぶ光秀。しかしその代わりに、帰蝶を嫁にほしいという条件を出してきたと知らされる。

どうやら、信秀の嫡男・信長(染谷将太)に妻として迎え入れたいようだ。

そこで光安から、帰蝶の本当の胸の内を聞き出してほしいと光秀は依頼される。苦笑いで「はぁ?」と答える光秀だった💦

すると帰蝶も光秀にお願いがあると、明智荘へやってきた。

帰蝶からは、

一度目は何も分からず、父上の仰せに従った。それで私がどういう目にあったか分かっておろう。

一番親しい身内と思っているので、今度は私を守ってほしい。尾張に嫁など出してはならぬ、そうみんなに伝えてほしいと頼まれてしまう。

利政の本当の想い(狙い?)

利政の元を訪れた、光安と光秀。

帰蝶を織田家に嫁がせることについて利政から質問された光秀は、

織田へ嫁がれるということは、人質として行かれるという意味もあろうかと。再び戦となれば、まずはじめに切られるのは人質。

と答えると、

一番気にしていたことで、誰よりも一番辛いのは自分。そして、その情を断ち切るだけの値打ちがこの和議にあるのかと利政は話す。

すると光秀は、

和議の値打ちをまだ計りかねております。それゆえ、帰蝶様にご納得いただくのは無理でございます!

と利政に言い切った💦

では諦めろというのか?という利政に対し、私には説得できないと言っているだけです!と反論する光秀とで、言い合いになってしまう。

最終的には利政に「帰れ!」と言われ、光秀はその場を去った。ところが…、スグに呼び戻されてしまった💦

光秀は利政から、本当の想いを聞かされる。

利政の父は油や紙を売り歩く商人だったが、海のある国は食べるものに困らないと。美濃には海がないが、尾張には海がある。

和議を結べば、海が近くなる。

自分(利政)の仕事は戦をすることではなく、国を豊かにすること。一滴の血も流さず、豊かになる。

そして改めて、この話しを帰蝶に伝えて説得してほしいと命を受けた。

光秀、また尾張へ

しかし斎藤高政(伊藤英明)からは、帰蝶を信秀のもとへ嫁がせることに大反対され、今川義元も敵に回すことになると忠告される。

高政からは「頼むぞ十兵衛!尾張に嫁に行かせてはならん!」とお願いされるのだった。

帰蝶からは、

・信長は「うつけ」という噂があり、信長がどんな男なのか見てきてほしい。

・話はそれからだ。

※うつけ:ぼんやりとしている、愚か者といった意。

と、光秀はまたしてもお願いごとをされてしまう。

光秀は信長の調査のために、菊丸と共に尾張へ潜入する。そこへ現れたのは、漁を終え船で岸に戻る信長の姿だった。

 

つづく

麒麟がくる「第7話」感想・次回のあらすじ

麒麟がくる「第7話」の感想です。

まずは、駒役を演じる門脇麦さん。

つづいて、終盤に登場した信長役の染谷将太さん。

最後は「帰蝶様ガチ勢、心の叫び」をご覧ください。

麒麟がくる「第8話」あらすじ

第8話:同盟のゆくえ

尾張の海辺で、漁師たちから慕われている奇妙な出で立ちの織田信長(染谷将太)を目の当たりにした光秀(長谷川博己)。

この男に帰蝶(川口春奈)を嫁がせていいものかと葛藤する光秀だが、母・牧(石川さゆり)は美濃国の行く末のことを一番に考えることが大事だと告げる。

光秀が自分の気持ちにこたえることがないと分かった帰蝶は、光秀の口から

「尾張に行って美濃にない海を見るべきだと、背中を押してほしい」

と条件をつける。

引用:公式サイト

麒麟がくる|8話 ネタバレと感想【十兵衛・駒・帰蝶の恋物語】3/8大河ドラマ「麒麟がくる」8話のネタバレと感想。2020年3月8日放送。...

それでは、最後までご覧いただき有難うございました!

人気記事麒麟がくる|ゲストキャスト・ネタバレ感想はコチラ 

関連記事
error: Content is protected !!