ドラマネタバレ・感想

リコカツ|4話 ネタバレ*感想【離婚はやめよう。キャぁああ!!】



ドラマ「リコカツ」4話が、2021年5月7日(木)に放送されました。

咲・紘一・そして咲の元カレ貴也が初顔合わせです!

このページでは、ドラマ「リコカツ」4話の

  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

ドラマ「リコカツ」4話 ネタバレ

ドラマ「リコカツ」4話のネタバレです。

身勝手なカリスマ恋愛作家

距離が縮まった咲(北川景子)は紘一(永山瑛太)が自宅に戻ると、なぜか咲の元カレ・貴也(高橋光臣)がいた!

咲の母・美土里(三石琴乃)が自分の離婚を相談するため、弁護士だった貴也を思い出し、同じ事務所の別の弁護士にお願いした処、貴也が来たという…。

貴也はまさか、そこが元カノ・咲の新居であり、その夫がスポーツジムで仲良くなった紘一だったとは知らず凍り付く😱

そして、この一件を機に再び咲と紘一の間に距離ができてしまう。

翌日、咲が異動先の文芸部に初出勤すると、小説家・水無月連(白洲迅)から指名を受けたと言われ担当を命じられる。

連は若者に絶大な人気の“恋愛カリスマ”だが、言動や指示は身勝手ばかりの作家だった。。

一方、紘一は自分なりに、咲との離婚を真剣に考え始めていた。

身を引く紘一

そんな中、美土里が自分の誕生日パーティーを咲と紘一の新居で開くと勝手に決められ、さらには知人たちに招待状まで送られていた…。

自宅でパーティをすると、夫の武史(平田満)がいるから嫌だという美土里。

そして紘一は、咲と貴也がどんなカップルだったのかを美土里に尋ねると、

すごくお似合いで、お互いのことをよく分かってるし、な〜んで結婚しなかったんだろ〜?って思う!

と言ってしまい、固まる紘一に

「今は紘一さんと結婚して良かったって思ってるのよ!💦」

と、慌てて誤解を解こうとする。

//

紘一はその後、身を引くため家を査定へ出すことに。咲も1人では広すぎると言い、査定に同意した。

さらに紘一は離婚届を用意しており、すでに自分の箇所には記入済みだった。

その後、咲と紘一は互いの離婚を再認識し、美土里のためにこの家でパーティーが出来るのは今しかないと準備を始めることにした。




美土里のバースデーパーティー当日。

パーティーで再び顔を合わせた咲と紘一と貴也、さらに紘一に思いを寄せる隊員・純(田辺桃子)が筑前煮を持ってやって来た。

それは咲が作れない「家庭の味」だった💦さらに純は咲たちの寝室に勝手に入り、インテリアの数々を物色する。

怪しんだ咲が純に声を掛けると、

常にチームとして動き命がけで戦っているが、咲にはそのサポートができているのか?

と、上からの態度で突っかかる。

そんな純の様子をみて、純が紘一のことを好きだと気が付いた貴也は

好きなんですよね、緒原さんのこと。

欲しくても手に入らない気持ちはよく分かる。

でも、妻から訴えられたら賠償金だけじゃ済まされない。止めといたほうがいい。

と制するも、純は「でも、法律で人の心は縛れないですよね」と返した…。

するとそこへ、咲の父・武史が花束を抱えてやって来た。いつも通り美土里へ花束をを渡す武史。

ところが美土里は皆にお礼を伝えると、武の腕をとり「私、この人と離婚しま〜す」と宣言してしまう💦

落ち込んで帰ってゆく武史を心配し、咲は武史のあと追いかけたが、大丈夫だ!とやせ我慢しながら武史は1人帰っていった。

離婚は止めよう

もともと個人主義だった咲の家だが、両親が離婚するとなると帰る家がなくなってしまう。1人ぼっちになっちゃったと涙する咲。

そんな咲を紘一は強く抱きしめ、

「離婚は止めよう。もう君が悲しむ姿は見たくない」

と声を掛ける。

そのころ、紘一の母・薫(宮崎美子)は家に帰ってきた。さらに美土里は、自身の乳がん健診の結果に「再検査」と書かれていた。

一方の貴也は、自分のカバンから書類の入った封筒を取り出すと、その中身は紘一の名前が書かれた離婚届だった…。

 

つづく…

リコカツ|5話 ネタバレ*感想【ダイヤモンドメンタル・一ノ瀬】ドラマ『リコカツ』5話のネタバレ・感想。2021年5月14日に放送。...
【リコカツ】ドラマ 動画1話〜無料視聴《見逃し配信》ドラマ『リコカツ』見逃し動画を1話〜最新話まで無料視聴する方法。2021年の放送で、主演は北川景子。...

 

ドラマ「リコカツ」4話の感想

ドラマ「リコカツ」4話の感想です。

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事【リコカツ】キャスト・ネタバレはコチラ

 

2021 夏ドラマ 39作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!