ネタバレ・感想

パパがも一度恋をした|7話 ネタバレ感想【塚地多恵子の正体!】3/14



2020年3月14日(土)に、パパがも一度恋をした「第7話」が放送されました。

コチラの記事では、パパがも一度恋をした「7話」の

・ネタバレ
・感想
・次回の予告とあらすじ

についてご紹介します。

パパがも一度恋をした|最終回(8話) ネタバレ感想【死ぬほど好きな人】3/21パパがも一度恋をした「最終回(8話)」ネタバレと感想。2020年3月21日放送。...

パパがも一度恋をした「7話」ネタバレ 3/14

おっさん多恵子(塚地武雅)に、あと8日(12月6日)で天国に戻ると聞かされ、驚く吾郎(小澤征悦)・トモ(福本莉子)・タロスケ(麿赤兒)だった。

12月6日は、おっさん多恵子が現代に蘇って49日目。それは、極楽浄土に多恵子が旅立つ日だった。

多恵子と神様の一部始終

天国とは全ての夢が叶う世界だった。

現代に遺した吾郎の落ち込みぶりを心配していた多恵子(本上まなみ)の前に、白いスーツ姿の神様(鈴木拓)が現れ、多恵子は一度だけ現代に戻ることが許された。

ただし、多恵子が現代に舞い降りる為の身体は、暴力団に追われ拳銃自殺をしようとしていた中年男の肉体になった。

現代に舞い降りた多恵子と神様は、拳銃を咥え自殺しようとする暴力団組員に、

「死ぬ前に、ちょっと体を貸せ」

と告げ、拝借した。。

おっさん多恵子がいなくなるという緊急事態だったが、トカレフ(塚本高史)は一人の女性に惹かれ、協力を頼まれた五郎。

しかし、それどころではない吾郎はトカレフを放置して、以前のように部屋に引き籠ってしまった

吾郎の落ち込みはどんどん酷くなり、ドアノブに首を吊って自殺を図ろうとする。自分も天国に行って、多恵子と一緒になろうとしていた。

そんな五郎に、おっさん多恵子は、

「今、死ぬのではなく、トモを幸せにするのが吾郎さんの役目よ!」

と、訴えた。

吾郎に代わり、おっさん多恵子がトカレフの恋を応援してくれることに。

トカレフの恋の相手は、おっさん多恵子のパート先の同僚「姫乃樹ティアラ(綾乃彩)」だった。

しかし、トカレフの想い(告白)はティアラには届かず、あっさりとフラれてしまう💦

ティアラがトカレフをフった理由

激しく落ち込んでいた吾郎は、フラフラと夜の街を徘徊していると、街でチンピラと肩がぶつかり、殴り倒されてしまう。

しかし、そのまま立ち上がって再び深夜徘徊を続けていると、ティアラにフラれたショックで、トカレフが川に飛び降りようとしていた💦

ところが、たまたま通りかかった吾郎が何とか阻止した。

トカレフにとっては、吾郎と多恵子が憧れ(理想)の夫婦。おっさん多恵子がこの世にいる間にティアラと幸せになり、その姿を見届けて欲しかった言うトカレフ。

それが叶わなくなり、川に飛び込こもうとしていた。。

パート勤務中のティアラに歩み寄る、おっさん多恵子。ウインナー試食担当のティアラのフライパンには「トカレフ」というウインナー文字。

どうやら、ティアラはトカレフのことが嫌いではない様子。

本当はトカレフの告白が嬉しかった。しかし、傷付くのが怖いことと、美人でもなく性格も良くないと話すティアラ。

「だったら、最初から付き合わない方が良い。」

と、決めていたのだった。

おっさん塚地の正体が判明!!

引き籠り吾郎の部屋におっさん多恵子が入ってきた。

2人が出会って最初のデート場所だった「風車小屋のある公園」に出掛けようと誘われ、そこにトカレフとティアラも呼ぶことに。

4人でのWデートに吾郎は、自分の人生の中にいてくれたことを多恵子に感謝し、一緒に過ごせる最後の1秒まで大切にしたいと決意した。

一方、ティアラに改めて想いを伝えたトカレフ。

「ブスで面白いことが言えない退屈な女。」

というティアラに対し、その全てが好きなのだと告白するトカレフ。ティアラはその気持ちを受け入れることにした。

トカレフは「今日から俺のナオン。シクヨロな!」と吾郎とおっさん多恵子に告げ、ティアラの肩を抱き寄せた。

吾郎とおっさん多恵子がデートから自宅へ戻ると、そこに私服刑事と警官たちが来ており、タロスケが「吾郎、多恵子さん、逃げろ!」と叫んだ。

おっさん多恵子が乗り移っていた体の主は、指名手配中の指定暴力団組員「川上辰夫」だったと知らされる。

 

つづく…

パパがも一度恋をした「7話」感想

パパがも一度恋をした「7話」の感想です。

まさかの塚地さんの相方・鈴木拓さんが神様役で降臨しました💦

土ドラは今後、サスペンスではなくパパ恋のような作りに路線変更しそうですね😌

パパがも一度恋をした 次回の予告・あらすじ

おっさん多恵子(塚地武雅)の中にいる多恵子(本上まなみ)が天国に戻るまであとわずか!

そんな中、突然、おっさん多恵子が警察に追われることに。実はおっさん多恵子の外身は詐欺容疑で指名手配中の川上辰夫(塚地武雅・二役)という実在の男だったのだ。

警察を振り切り何とか山下家に戻った吾郎(小澤征悦)とおっさん多恵子。すると、ふいに辰夫の人格が現れて…

ただでさえ時間がない中、問題山積の山下家。しかし吾郎は急にハローワークに通い始める。

ママとの時間を大切にしてほしいトモ(福本莉子)は吾郎を責めるが、おっさん多恵子は家事をしたりといつもと変わらぬ生活を送る。

二人の意図が分からないトモ。

そんな中、吾郎はやっと見つけた工事現場の交通整理の仕事中に、ヤクザが辰夫の娘のことを話しているのを聞いてしまい……

警察の目をかいくぐり辰夫の娘・ユカリ(阿部純子)に会いに行く吾郎とおっさん多恵子。だが、ユカリはやくざ稼業だった父に憎しみに近い感情を抱いていた。

辰夫の中にある娘への愛情に気付いた吾郎は、何とか辰夫を許してやってほしいと奮闘するが聞き入れないユカリ。

「あの人のせいでお母さんもいなくなったし私はいじめにあったの!」

刻一刻と迫る多恵子との別れの時。

辰夫とユカリは仲直りできるのか!?そして多恵子が最後に遺すものとは……純粋すぎるほどの愛は時に奇跡を巻き起こす!

世にも奇妙な究極の純愛物語、ついに完結!

引用:公式サイト

 

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

人気記事パパがも一度恋をした|ネタバレ・キャストはコチラ

 

関連記事
error: Content is protected !!