ドラマネタバレ・感想

ドクターX シーズン7|8話 ネタバレ*感想【女の友情】



ドラマ「ドクターX シーズン7」8話が、2021年12月2日(水)に放送されました!

蜂須賀と蛭間の暗躍、そして、女の友情です。

このページでは、ドラマ「ドクターX シーズン7」8話の

  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

ドラマ「ドクターX シーズン7」8話 ネタバレ

ドラマ「ドクターX シーズン7」8話のネタバレです。

暗躍する蜂須賀と蛭間

蜂須賀(野村萬斎)は、念願の「感染研究センター」設立プロジェクトを成功させるため、厚生労働事務次官・神部(宮川一朗太)と裏で手を組むことにした。

科研費の助成継続を含め、全面的バックアップの約束を取り付ける。

そこには、蜂須賀の後方支援に余念がない、広報室長・三国蝶子(杉田かおる)の存在があった。

そんな中、蜂須賀と内科が主導するケミカルサージェリーを希望する、重篤ながん患者・八神さつき(瀬戸朝香)が東帝大学病院にやってきた。

さつきはフリーランス麻酔科医・城之内(内田有紀)の高校時代の同級生で、病状を知った博美はショックを受け、さつきを問い詰める。

するとさつきは、いくつもの病院で手術適応外だと言われ、自らの命を諦めていたと告げる。

しかし、「東帝大学病院」が提供している最先端のケミカルサージェリーを受ければ治るかもしれない…。

最後の望みをかけた一人息子・八神祐希(元之介)からも、もう一度だけ治療を受けてほしいと懇願され、さつきは入院を決意していた。

女の友情

その話を聞いた未知子(米倉涼子)は、外科手術で切除できる可能性はゼロじゃないと断言する。

だが、息子の思いを汲んでケミカルサージェリーを選択したさつきの気持ちを尊重する博美は、未知子に「オペの可能性はゼロ」と言い放った。

それでも、未知子はケミカルサージェリーで腫瘍が小さくなれば、外科手術の成功の可能性が広がると食い下がる。

さつきの病床に何度も向かい、説得する。

さつきは、自分はどちらでもいいのだというが、愛する息子が探してきた方法に掛けたいのという。

そして、さつきの腫瘍は着実に小さくなっていった。

そのころ、外科一派を率いる院長代理の蛭間(西田敏行)は、蜂須賀を潰しにかかろうと暗躍していた。

そんな蛭間に、蝶子が接触してきた。

がんが発覚した神部を、ケミカルサージェリーではなく、外科手術で完治させてほしいという依頼だった。

一方、秋田から出張で来ていた海老名(遠藤憲一)に、その手術を成功できれば東帝大に戻すと告げる蛭間。

当然ながら、そんな難しい手術ができるのはたった一人、未知子だけだった。

蜂須賀の脅し

蝶子は、鍬形(小藪千豊)に手術室を手配させ、秘密裏にことを進め始める。

その後、未知子がメスを握り、海老名・原(鈴木浩介)を助手に付け、神部の手術はスタート。

途中、海老名が血管を傷つけたものの、未知子のオペ技術で事なきを得ると、神部の手術は無事に終わった。

一方、博美はさつきに外科手術を勧めていた。

ケミカルサージェリーで小さくなった腫瘍なら未知子が切除できる。と、話をしていると、さつきの容態が急変し意識を失ってしまう。

博美は心臓マッサージなどで懸命に蘇生を行うが、さつきは息を引き取ってしまう。

ショックを受けた博美のもとへ向かった未知子は、生前のさつきが博美に感謝していたことを告げると、息子の祐希も博美に礼を告げた。

神部は蜂須賀に「研究費の援助打ち切り」を告げるも、蜂須賀が神部や蝶子の企みを知らないハズがなかった。

蝶子に圧力をかけ、感染症センターに援助しなければ、国際問題にまで発展すると脅しをかける。

蝶子と鍬形は、蜂須賀の脅しに屈した…。

 

つづく…

ドクターX シーズン7|9話 ネタバレ*感想【ハッチの夢】ドラマ『ドクターX シーズン7』9話のネタバレ・感想。2021年12月9日に放送。...

 

ドラマ「ドクターX シーズン7」8話の感想

ドラマ「ドクターX シーズン7」8話の感想です。

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事【ドクターX シーズン7】キャスト・ネタバレはコチラ

 

2022 冬ドラマ 38作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!