ドラマネタバレ・感想

ドラゴン桜2|6話 ネタバレ*感想【自由の狙い】



ドラマ「ドラゴン桜2」6話が、2021年5月30日(日)に放送しました!

いよいよ、3日間の合宿がスタートしました!!

このページでは、ドラマ「ドラゴン桜2」6話の

  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

ドラマ「ドラゴン桜2」6話 ネタバレ

ドラマ「ドラゴン桜2」6話のネタバレです。

カリキュラムは自由

東大専科は3日間の勉強合宿を行うことに。

桜木(阿部寛)が声を掛けた麻里(志田彩良)も、健太(細田佳央太)の付き添いとして参加し、先日の勝負に破れた藤井(鈴鹿央士)も約束通り参加する。

合宿初日。

16年前に地獄の合宿で飛躍的に成長した経験をもつ水野は、地獄のカリキュラムを発表する。

ところが!桜木が発表したカリキュラムは「自由」だった。

合宿が始まると勉強し慣れている藤井と麻里、そして健太も地道に机に向かう。

しかし、菜緒(南沙良)は集中できず外へ出て、天野(加藤清史郎)も外へ行くがベンチで寝てしまうzzz。

同じように外に出た楓(平手友梨奈)と瀬戸(髙橋海人)だったが、結局は全員部屋に戻って勉強を始める。

実は、桜木の作戦だった。

人を見下す人

合宿ではカリキュラムは自由だったが、桜木は生徒たちに規則正しい生活を強いる。

それは受験の際、午前中にピークをもってゆくための工夫だ。そこへ桜木が招へいした国語の特別講師・太宰府治(安田顕)がやってきた。

暗い雰囲気でボソボソと話していたが、論説文の解説になると急に大声で話し始める。

同等関係、対比関係、因果関係で文章は成り立っているといい、同等関係が一番大切だと説明する太宰府。

みんなが熱心に勉強しているところに、麻里の父・繁(迫田孝也)と母・祥子(相築あきこ)が、麻里を家に連れて帰ると乗り込んできた。

麻里が勉強することを毛嫌いする父・繁は、女に教育は要らないという方針。

母・祥子は逆らえず、麻里も繁に従うだけ。さらには繁は、こんな学校に娘を置いておけないと言い退学させると告げる。

反発する水野(長澤まさみ)に「東大を出ていると、こうやって人を見下すような人になる」という。

繁の麻里に対するDVを指摘すると、祥子は「警察沙汰は…」と困惑し、繁も黙りこんでしまう。

小杉麻里が東大へ行くべき理由

実は麻里、桜木と水野にDVの件を警察には言わないでほしいと頼み込んでいた。

繁がこんな風になったのは会社がうまくいかなくなってからで、それまでの繁は優しかった。

そして、繁のことが好きだからと。

それを聞いてもなかなか態度を変えない繁だったが、そこへ瀬戸たちが入ってきて、

課題「小杉麻里が東大へ行くべき理由」

の要約文を発表した。

健太が「麻里ちゃん、東大行く?」と聞くと、麻里は行きたいと答えた。それを見た繁は麻里の受験を許可した。

藤井は自分の兄たちが優秀なのに、自分だけ受験に失敗したことがコンプレックスだったことを麻里に話す。

そして、藤井も東大専科へ入ることになった。

7人が揃ったところで、桜木が東大模試を受けてもらうと告げ

合格見込みがないと判断された者は、東大専科をやめてもらう!

と、宣言した。

 

つづく…

ドラゴン桜2|7話 ネタバレ*感想【2021は素数か?】ドラマ『ドラゴン桜2』7話のネタバレ・感想。2021年6月6日に放送。...
【ドラゴン桜2+シーズン1】ドラマ 動画を無料視聴《見逃し配信》ドラマ『ドラゴン桜2(2021)+シーズン1(2005)』見逃し動画配信を1話〜最新話まで無料視聴する方法。2005年と2021年の放送で、主演は阿部寛。...

 

ドラマ「ドラゴン桜2」6話の感想

ドラマ「ドラゴン桜2」6話の感想です。

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事【ドラゴン桜2】キャスト・ネタバレはコチラ

【ドラゴン桜2+シーズン1】ドラマ 動画を無料視聴《見逃し配信》ドラマ『ドラゴン桜2(2021)+シーズン1(2005)』見逃し動画配信を1話〜最新話まで無料視聴する方法。2005年と2021年の放送で、主演は阿部寛。...

 

2021 秋ドラマ 46作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!