ネタバレ・感想

麒麟がくる|18話 ネタバレ・感想【歯がゆい光秀】5/17



NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第18話が、2020年5月17日(日)に放送されました。

今回は、麒麟がくる「第18話」

  • あらすじ
  • ネタバレ
  • 感想
  • 次回のあらすじ

をまとめさせて頂きました。

麒麟がくる「第18話」あらすじ

麒麟がくる「第18話」のあらすじです。

Twitter

第18話:越前へ

高政軍の追手から、命からがら美濃を脱出する光秀(長谷川博己)たち。

帰蝶(川口春奈)の取り計らいで現れた伊呂波太夫(尾野真千子)に導かれ、隣国・越前の地へたどりつく。

領主・朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)に謁見し、明智家をかくまってもらえないかと交渉する太夫に、義景は値踏みをするように光秀を見つめ、渋々ながら了承する。

麒麟がくる「18話」ネタバレ 5/17

麒麟がくる「18話」ネタバレ(簡潔)です。

明智家、越前へ。

高政軍が明智城を攻撃し、光秀や牧・煕子たちは左馬之助と共に美濃から脱出する。

尾張を目指そうとしていた光秀の前に、駒と菊丸が現れた。

駒から「高政軍は尾張に関を設け、見張りの者を増やしている。尾張は無理です」と知らされ、北へ向かうことにした。

道中、光秀たちは伊呂波太夫と遭遇。

太夫は「光秀たちを越前へお連れするよう」帰蝶から命じられたと話す。駒の知人ということで、光秀はついていくことにした。

越前への途中、駒は幼い頃に自分を助けれてくれた侍のことを話していた。

すると牧から、その侍は光秀の父・明智光継だと分かる。駒のことをずっと気にかけていて、もう亡くなってしまったと知らされた。

その後、光秀たちは越前へと落ち延び、太夫と供に朝倉義景と対面。

すると義景の元には、細川藤孝から「明智家が美濃から落ち延びた時には、良しなに取り図られたい」と、文が届いていた。

余計な争いに巻き込まれたくないと話す義景に、太夫は

美濃が越前を攻め入ることがあれば、尾張は美濃を背後より刺し、この越前を守りましょう。

と告げ、安心させた。

すると義景は「このまま美濃に帰すわけに行くまい、しばらく居ればよい」と、幕府や尾張と縁のある光秀をかくまってくることになった。

その後、明智家は越前で落人としての生活を始めたが、新居は屋根に穴が空いたボロボロの小屋だった。

光秀は「負けてすべてを失うてみると、己の無力さだけが残る」と牧にこぼした。

すると牧は「負けた時、その者の値打ちが分かる」と、父・光継が言っていたと話す。

信長と信勝

一方、尾張では、道三の死を機に信長と信勝が敵対していた。

柴田勝家によると、すでに手を組んでいたら「駿河の今川義元と高政」に信勝も加わり、尾張を双方から挟む形で狙っていると知らされる。

信長は仮病を使い、信勝を城までおびき寄せた。

信勝は信長のためにと美濃の湧き水を持参したが、暗殺を目論んでいると気付いていた信長から、湧き水を飲めと脅される。

家臣たちに囲まれた信勝は堪らず、持参した湧き水を飲み息を引き取った。

「信勝、愚か者め。」

 

つづく…

見逃し動画配信

麒麟がくる「1話〜最新話」までの見逃し動画配信は、以下の公式ページよりご案内しています。

\ 入会特典1,000P→月額990円相殺 /

麒麟がくる
見逃し動画はコチラ
»
【入会特典1,000Pをもらう】

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

麒麟がくる「18話」感想・次回のあらすじ

麒麟がくる「第18話」の感想です。

Twitter

Twitter

Twitter

Twitter

麒麟がくる:次回のあらすじ

第19話:信長を暗殺せよ

斎藤道三の死から二年後、光秀(長谷川博己)は越前にいた。

ある日、朝倉義景に呼び出された光秀は京へ鷹を届けるよう命じられる。将軍・足利義輝に向けたものだという。

久しぶりに京を訪れた光秀は、細川藤孝らと会い、意外な事実を知る。

引用:公式サイト

 

それでは、最後までご覧いただき有難うございました!

 

公式麒麟がくる「NHK見放題パック」で見る »

人気記事麒麟がくる|ゲストキャスト・各話のネタバレ感想はコチラ

関連記事
error: Content is protected !!