ネタバレ・感想

トップナイフ|5話 ネタバレ感想【才能と平凡】2/8



2020年2月8日(土)に、土曜ドラマ・ドップナイフ「第5話」が放送されました。

コチラの記事では、トップナイフ「5話」の

・ネタバレ
・感想
・次回の予告とあらすじ

についてご紹介します。

5話ゲストトップナイフ|根岸麻理恵役(ピアノ講師役)の女優は大西礼芳(あやか)

 

トップナイフ「5話」ネタバレ 2/8

黒岩のオペを目の当たりにし、実力を見せられすっかり自信を無くしてしまった西郡。

そして、来島と一夜を共にした幸子は気になって、業務に集中できないでいた💦

西郡の不安

テレビでも人気の天才ピアニスト・影浦祐樹が「耳が聴こえにくい」と訴えやって来た。

検査した結果、巨大な聴神経腫瘍を発見。しかし、影浦本人は「聴神経」と「顔面神経」の温存を希望した。

今出川は西郡を執刀医につけ、深山にサポートするよう指示した。

西郡のもとへ、根岸麻理恵という患者が話しかけてくる。麻理恵はベランダから落ちて運ばれており、西郡は自殺しようとしていたことを気づいていた。

麻理恵の診察をした西郡は、麻理恵から自殺を考えていたと告白される。景浦とは音大の同級生で、自分の才能の無さに麻理恵は自信を無くしていた。

西郡は諦めている時点で差がついていると告げ、麻理恵も前向きに頑張ることにした。

一方、来島への思いを深山に告白する幸子。脳外の勉強も手に着かないと、重度の「恋の病」を患っていた💦

景浦についてカンファレンスする深山と黒岩。

神経の温存は非常に難しい手術で、西郡の執刀に不安を感じていた。

 

幸子から来島との一夜について聞かされた深山は、来島に事情を伺いに行く。すると、酔っぱらって寝ていた幸子の横で、寝落ちてしまっただけという。

その気がないなら手を出すなと忠告する深山に、来島は複雑な表情を浮かべる。

麻理恵の検査結果で脳腫瘍が発覚。本人にも告知し、手術しないと後遺症の可能性もあると説明する西郡。

作った曲の評判も良く、今手術をしている場合ではないと訴える麻理恵。西郡は放射線治療を提案し、麻理恵も同意してくれた。

深山は手術を勧めたが、命より大事な物もあると西郡に言い切られてしまう。

称賛のあとの現実

景浦のオペのシュミレーションする西郡。しかし今出川たちは、聴神経と顔面神経の温存は難しいという判断を覆さそうとしなかった。

景浦の部屋を訪れた深山は、

「本当は聴神経よりも顔面神経が無くなることの方が怖い。」

と話してくれた。ピアニストとしてよりも、タレント活動に重きを置いていた景浦は、顔面神経が失われることに不安を頂いていた。

いよいよ景浦のオペが始まり西郡が執刀。深山もサポートとして様子を見守ってくれた。

シュミレーションの甲斐もあり、巨大な腫瘍を見事に切除する西郡。聴神経も温存し無事にオペを終わらせることができた。

オペの仕上がりを称賛する深山だったが、たまたまだと答える西郡。

そこへ、景浦のマネージャーがくも膜下出血で倒れたと知らせが入る。景浦のことが心配で、水も飲まず10時間近く座っていたことが原因だった。

すぐに処置に取り掛かったところ、景浦のマネージャーは

4本あるはずの血管が1本しかなく、その1本が動脈瘤を起こしていた。

西郡がオペを始めたものの、血管が再破裂してしまい大出血を起こしてしまう。

そこへ黒岩が入室し、あっという間に出血箇所を特定し動脈瘤の処置も終わらせた。

僕は普通の医者です。

ますます自信を失くす西郡だったが、そこへ麻理恵が搬送されてきた。

作曲が好調だったことで契約できたレコード会社の帰りに倒れていた。もうオペをするしかない!と言う深山に、西郡は麻理恵にオペを勧める決断をする。

麻理恵は脳腫瘍が原因で、

一時的にサヴァン症候群を発症し、カフェで流れていたインディーズの曲を、まるで自分が作ったかのように錯覚し作曲していた。

脳腫瘍を切除すればサヴァン症候群も無くなると伝える西郡に、どうやってこれから生きていけばいいの?と聞く麻理恵。

「分からない、俺にも分からないよ…。」

西郡は、そう答えるしかなかった。

「書けるもん!曲書けるもん!」

麻理恵は泣きながら、病室を出ていく西郡に訴えた。

母・喜和子の病室へ向かった西郡。

「俺は平凡な医者です。あなたとは違う。やっと気づいた。」

すると喜和子は、

「分かってたわよ、とっくに。」

病室を出た西郡は、悔しさと虚しさで男泣きした。

才能は、時に人を振り回す。

だけど、才能なんてない。と知ったとき、そこからまた何かが始まるのかも知れない。

一方、黒岩の息子だと預けられていた保。

親子鑑定をした結果

✓結果
生物学的父親と断定できる

✓肯定確率
99.999%

と書かれていた…。

そして、脳外の集合写真に写る深山をナイフで傷つける1人の男…。

 

つづく

トップナイフ「5話」感想

トップナイフ「5話」の感想です。

第5話は、西郡回でしたね!視聴者の皆さんの貴重なご意見は以下のとおりです。

確かに…、深山先生はまだヘルプのみで執刀されるシーンはまだ見かけないですね。。

第6話では深山のルーツが明らかになるようで、何かしら動きがありそうです💦💦

トップナイフ「6話」予告・あらすじ

オペ以外の雑用が自分に回ってくることにストレスを感じる深山(天海祐希)。

一方、リストラの噂を耳にした幸子(広瀬アリス)は自分のクビが切られるのでは、と戦々恐々。深山に取り入ろうとするが……。

そんな中、西郡(永山絢斗)は自分の幻“ドッペルゲンガー”が見えるという患者・大澤卓司(山本浩司)を診察する。実は大澤は10年前まで深山の下で東都総合病院の脳外科にいた医者。深山にクビを切られてから、内科医として開業医の実家を継いだのだと言う。大澤にだけ見える不穏な“幻の自分”は、深山に復讐をするようけしかけているのだが……。

スタッフステーションでは、当時部下だった大澤に脳外科認定試験を受験する許可さえ出さなかったという“氷の女”深山の噂が飛び交い、幸子は自分の行く末を案じる。西郡は、脳外科医になる道を断たれた大澤がかつて病院から飛び降り自殺を図ったと聞き、今出川(三浦友和)に真偽を確かめるが……。

一方、事故に巻き込まれ左手を切断した入院患者・原田 はらだ保 たもつ(笠松将)は、切断してなくなったはずの腕に激痛を感じる“幻肢痛”に悩まされていた。頭蓋骨骨折の経過観察のため入院している原田だが、脳外科の分野では“幻肢痛”に対処する方法はなく……。

元高校球児で社会人になっても野球を続けていた原田にとって腕をなくした大きな喪失感が幻肢痛に起因していると想像する黒岩(椎名桔平)は、息子と同じ“保”という名前がひっかかり、痛みに呻く原田を気にかける。実は、その痛みには原田がずっと抱えてきた後悔が隠されていて……。

そして深山が自分を避けていると感じた大澤は、“幻の自分”の悪魔の囁きに背中を押され復讐を実行しようと決意。深山を狙って細工をしたエレベーターに立てこもる!しかも、ちょうど出張販売に来ていた来島 きじま (古川雄大)と入院患者・木元 きもと (吉田美佳子)も巻き込まれてしまい……。大澤がメスを手に深山に迫る中、木元が突然倒れ、一刻を争う緊急事態が勃発する!

深山はエレベーター内で前代未聞の緊急オペをしようとするが……!!

引用:公式サイト

トップナイフ|6話 ネタバレ感想【辛い過去に試合終了を】2/15トップナイフ「6話」ネタバレと感想。2020年2月15日放送。...

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

人気記事トップナイフ|ネタバレ・キャストはコチラ

 

関連記事
error: Content is protected !!