ドラマネタバレ・感想

婚姻届に判を捺しただけですが|3話 ネタバレ*感想【恋のフラグ】

ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」3話が、2021年11月2日(火)に放送されました!

ついに!明葉に恋のフラグが立ちます😭

このページでは、ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」3話の

  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」3話 ネタバレ

ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」3話のネタバレです。

心のシャッター

明葉(清野菜名)は、柊(坂口健太郎)の不毛の恋の相手が、兄嫁の美晴(倉科カナ)であることを知りヤキモキしていた。

そんなある日、柊の中学の同級生たちが結婚祝いに、BBQパーティーを開いてくれることになり2人で出かけることに。

美晴や同級生たちが思い出話で盛り上がっていると、ペットの散歩中に偶然通りかかった祥子(深川麻衣)が、成り行きでパーティに飛び入り参加する。

聞き上手な祥子のお陰で、明葉は美晴の初カレでずっと旭一筋だったことなど、知りたかった情報つかむことができた。

柊の「一方的な片思い?」を想像して可哀想に思った明葉は、酔って眠り込んでしまった美晴をおんぶして自宅に送り届けるよう柊にけしかける。

しかし、柊は兄を呼んで美晴を迎えに来てもらった。

「僕と美晴の距離が縮まるとでも思ったんですか?」

と、明葉の言動を批判し

僕自身が望んでないんです。

僕は誰にも悟られることなく想っていたい、ただそれだけなんです。

改めて確認しますが、外野から余計な詮索をされないための結婚です。僕にとって、結婚相手の大加戸さんも外野の1人です。

それだけは忘れないでください。

と釘を刺し、心のシャッターを降ろしてしまう。

1ミリも幸せにならないんですか?

気まずい空気が流れるなか、明葉に大きなコンペの話が舞い込んだ。

そのことを百瀬に相談しようにも、とても聞ける雰囲気ではなかった…。

柊は美晴の忘れ物のショールと手土産のフィナンシェをもって実家に行くと、ちょうど旭も美晴のためにフィナンシェを持ち帰ったところだった。

2人の仲睦まじい様子に、声も掛けられずショールだけ置いて立ち去る明葉。

美晴に渡せなかった手土産を持って、初恵(木野花)の小料理屋に顔を出した柊。明葉のことを良く知らないまま結婚したと話す柊に、初枝は

相手のことなんでもわかってたら、結婚なんてできないわよ。

夫婦なんて、わかんないからいいんじゃない?

とアドバイスする。

柊に相談もできず、自宅では仕事が進まずで、明葉は会社で仕事をしていた。

そこへ、唯斗(高杉真宙)が飼い主募集のチラシについて頼みごとをしにやってきた。

話しているうちに、偽装結婚の友達の話は実は自分のことだと唯斗にバレてしまった💦

落ち込む明葉に唯斗がなぐさめのハグをしていると、偶然通りかかった柊に見られてしまう。しかし柊は動じず、

「先に帰っています」

と、素通りする。

自宅に戻り、柊の誤解を解こうとする明葉だったが、結婚が解消された後のことを考えて、お互い自由にやろうと言われてしまう。

数日後、明葉が帰宅すると玄関に女性の靴があった。

柊の部屋からは「久しぶりにきたんだもの。ハグさせて」と、親密そうな女性の声が聞こえ

「好きなだけどうぞ」

という柊の声が…。

明葉は自由恋愛を提案されたことを思い出すも、自宅に連れ込むのはルール違反ではないかと憤るが、部屋から出てきた柊に何も言うことができず、外出すると告げる。

すると「例の彼とですか?ごゆっくり」と、言われてしまう。。

さらに数日後、またも女性の靴が。今度はショールのお礼にと、美晴がスコーンを作って持ってきていた。

明葉の顔色を見て美晴はすぐに帰っていったが、柊が会社で入手したコンペ資料について明葉に話そうとすると、

そんなことより、どうして自分の幸せのこと考えないんですか?

百瀬さんはこの後、1ミリも幸せにならないんですか?

と、突っかかる明葉。

友情のハグ

そして、コンペ当日。

肝心の桝田(岡田圭右)が腹痛で倒れてしまい、明葉はひとりでプレゼンに臨む。

初めてのプレゼン、しかも素人が代理店の代わりを務められるはずもなく、諦めかけたそのとき、桝田の代打の柊が駆けつけ、明葉の窮地を救ってくれた。

なんで上手にプレゼンできたのか?と訊ねると、事前に資料に眼を通していたし、良い作品だと感じていたからと明葉のデザインを褒める。

プレゼンが無事に終わり、乾杯する2人。

明葉は柊が自室に招いていた女性がおもちに会いに来ていたことを知り、勘違いを謝罪。

柊は明葉に言われた言葉は「結構刺さった」と言い、答えられる範囲でと断りながら美晴との関係を話す。

美晴は、最初は弁当を買いに来ていた「ただの同級生」だったが、そのうち家でも一緒に食事するようになっていたという。

同級生が結婚祝いで集まってくれたのも、美晴がいてくれたから。

美晴が僕の世界を広げてくれたんです。

ただ、気づいたら、美晴と兄貴が結婚していて。。いつの間にか義理の弟になってて。

でも、美晴が幸せなら僕はそれでいいんです。

僕の美晴への想いも変わることはありません。

と、胸の内を語る。

明葉は柊が苦しみ続けていたことをしり、なんとか慰めたいと

百瀬さん。今だけハグしてもいいですか?ハグさせてください。

私は、百瀬さんの味方です。

と告げ、柊を抱きしめると

「これが、友情のハグですか?」

と、受け止める柊。

しかし、明葉は「違う」と思っていた。恋のフラグが立ってしまった。友情のハグはしたくない…。

 

つづく…

婚姻届に判を捺しただけですが|4話 ネタバレ*感想【掟破り】ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』4話のネタバレ・感想。2021年11月9日に放送。...
婚姻届に判を捺しただけ|ドラマ 動画を無料視聴できる配信サイトは?ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』動画を全話、無料視聴できる配信サイトを調査。2021年の放送で、主演は清野菜名。...

 

ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」3話の感想

ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」3話の感想です。

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事【婚姻届に判を捺しただけですが】キャスト・ネタバレはコチラ

 

2022 春ドラマ 25作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!