ネタバレ・感想

知らなくていいコト|7話 ネタバレ感想【野中の闇落ち開始】



2020年2月19日(水)に、水10ドラマ・知らなくていいコト「第7話」が放送されました。

コチラの記事では、知らなくていいコト「7話」の

  • あらすじ
  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

知らなくていいコト『7話』あらすじ

知らなくていいコト「7話」のあらすじです。

尾高(柄本佑)も自分と同じ気持ちだと知ったケイト(吉高由里子)は、不倫を追う立場でありながら道ならぬ恋に惹かれることに罪悪感を抱くが……。

翌日、高熱を出した黒川(山内圭哉)に代わりデスク代理に指名されたケイトは校了前日の編集部で激務に追われる。そんな中で編集部には次々とトラブルが発生!マネージャーの恫喝を記事にされた演歌歌手(小沢真珠)が殴り込みに訪れたと思ったら、右トップを飾る予定だった政治記事の告発者が突然掲載の撤回を要求しスクープ記事が飛ぶピンチに!

連載を抱える大物作家の接待に駆り出された岩谷(佐々木蔵之介)が不在の中、編集部は一丸となってトラブル解決に駆け回る。

一方、岩谷は気難しい作家との食事会を盛り上げると後を連載班に任せて急いで編集部へ向かうが……。さらに、疲労と活気と混乱が渦巻く編集部には、あることでケイトに恨みを抱いた人物が刃物を手に近づいていた……!

週刊イースト始まって以来の大惨事、襲撃事件が発生する!ケイトは襲撃者に刺され……!!

そして、ケイトと尾高の関係に屈折した思いを抱く春樹(重岡大毅)は、ケイトの父が殺人犯・乃十阿徹(小林薫)であることをある相手に漏らそうとしていた……。

引用:公式サイト

知らなくていいコト『7話』ネタバレ

ケイトにナイフを突き立て、「あなたのせいで夫は帰って来なくなった」と言う和美に編集部は騒然。

ケイトがもう一度、和美から刺されそうになった時、編集部を訪れた尾高がケイトを庇い、背中を刺されてしまった。

そしてまたも一部始終を動画に収めていたため、この事件を次号のトップに掲載すると岩谷は宣言する。

当の尾高とケイトは命に別状はなく、しばらく入院することに。

一方、編集部にはマスコミが押し寄せており、春樹(重岡大毅)は1人の記者に名刺を渡されていた。

ケイトが尾高の病室に向かうと、ちょうど彼の妻と子供が病室から出てくるところだった。

それを見たケイトは思わず引き返し、尾高からどこにいるのかを尋ねられても、家にいると嘘をついていた。

春樹は悩んだ末、例の記者と会うことに。

そして春樹は、ケイトの父親が乃十阿(小林薫)という殺人犯だと、記者に明かしてしまうのだった。

知らなくていいコト「7話」感想

知らなくていいコト「7話」の感想です。

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

人気記事知らなくていいコト|キャスト・ネタバレはコチラ

【知らなくていいコト】ドラマ 動画の無料視聴|pandora・dailymotion の配信は?ドラマ『知らなくていいコト』動画全話を無料視聴する方法を解説。pandora(パンドラ) や dailymotion(デイリーモーション)の配信は?2020年の放送で、主演は吉高由里子。...
関連記事
error: Content is protected !!