ドラマネタバレ・感想

パンドラの果実|1話 ネタバレ*感想【LEOの脳内】

ドラマ「パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~」1話が、2022年4月23日(土)からスタートしました!

最愛の妻を失くした元・警察官僚という難役に、ディーン・フジオカさんが挑みます!

このページでは、ドラマ「パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~」1話の

  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

関連【パンドラの果実】動画を全話⇢無料視聴はコチラ »

 

ドラマ「パンドラの果実」1話 ネタバレ

ドラマ「パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~」1話のネタバレです。

被疑者は、AI介護ロボット・LEO

警察庁「科学犯罪対策室」を率いる、頭脳明晰な警視正・小比類巻(ディーン・フジオカ)は、5年前に妻・亜美(本仮屋ユイカ)を亡くし、シングルファザーとして娘の星来(鈴木凜子)を育てている。

そしてメンバーとして、科学系に疎い元捜査一課のベテラン刑事の・長谷部(ユースケ・サンタマリア)を指名する。

科学犯罪対策室が扱う最初の案件は、最先端のロボット開発を手掛ける神楽テクノロジーのCEO・安井が遺体で発見された事件。

安井は密閉された空間で「呼吸困難」にさせられ、殺害されていた。

その事件の被疑者は、神楽テクノロジーで開発された最先端のAI介護ロボット・LEO。

LEOが皆の目の前で犯行を自供しており、人間に危害を加えられないはずのロボットが自らの意志で殺人をすることはあり得るのか?が焦点となった。

小比類巻は、あらゆる分野の科学に精通する若き天才科学者・最上(岸井ゆきの)に捜査協力を依頼。

最上は3年前に突然、科学界から姿を消していたがロボット犯罪に興味を示す。

小比類巻は、被疑者として正式にLEOの出頭を要請。前代未聞のAIロボットへの取調べが行われることに。

LEOは、自分が安いを守れたなかったために殺したも同然だと告げるが、そこに現れた最上は、自分を殺さなければ助からないとロボットの前に銃をおいて挑発する。

当然、刑事が止めに入るが、最上は「もう少しでロボットが意思をもっているのか」を確認できたのにと激怒し残念がる。

LEOの脳内

神楽テクノロジーの創業者で、AI研究の第一人者だった神楽(村上新悟)が3年前に病死後、CEOに就任したのが殺された安井だった。

その安井は、神楽テクノロジーを海外に売却しようとしていた。

社員の中には安井の強引な手法が神楽を追い詰めたと考えている人も多く、ロボット開発チームのチーフ郷原(内田理央)もその1人。

捜査一課は郷原が主犯とみて科学犯罪対策室への捜査協力を求めたが、小比類巻たちはそのまま捜査を継続する。

その後、小比類巻の友人で厚労省に勤めている三枝(佐藤隆太)から、ロボットの脳を人間の脳に入れ替える、“全能エミュレーション”という神楽の研究資料を入手。

LEOに神楽の脳が移植されているため、それを守るために郷原が安井を殺したのではと小比類巻たちは考える。

追い詰められた郷原は、小比類巻と最上をシミュレーションルームに閉じ込めると酸素濃度を低下させる。

その時、LEOが小比類巻たちを救出!それは、プログラミングを超えた判断だった。

その後、LEOは完全に機能を停止し、LEOをこれ以上調べることはできなくなってしまう…。

 

つづく…

関連【パンドラの果実】動画を全話⇢無料視聴はコチラ »

パンドラの果実|ドラマ 動画の無料視聴《pandora*dailymotion は?》ドラマ『パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~』見逃し動画を1話〜最新話まで無料視聴する方法。pandora(パンドラ) や dailymotion(デイリーモーション)の配信は?2022年の放送で、主演はディーン・フジオカ。...

 

ドラマ「パンドラの果実」1話の感想

ドラマ「パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~」1話の感想です。

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事【パンドラの果実】キャスト・ネタバレはコチラ

 

2022 春ドラマ 25作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!