ドラマネタバレ・感想

麒麟がくる|最終回 ネタバレ*感想【ワシの首は誰にもやらん】




大河ドラマ「麒麟がくる」最終回(第四十四回)が、2021年2月7日(日)に放送されました!

最終回のあらすじは以下のとおりです。

\ 本能寺の変 /

宿敵・武田家を打ち滅ぼした戦勝祝いの席で、光秀(長谷川博己)は信長(染谷将太)から理不尽な叱責を受け、饗応役(きょうおうやく)の任を解かれる。

追い打ちをかけるように信長は、光秀と縁深い四国の長宗我部征伐に相談もなしに乗り出すと告げる。

「殿は戦の度に変わってしまった」と、その行き過ぎた態度をいさめる光秀に、

「己を変えたのは戦ではなく光秀自身だ」

と、冷たく言い放つ信長。

そしてついに、ある究極の命令を光秀に突き付けたのだった─。

このページでは、ドラマ「麒麟がくる」最終回の

  • ネタバレ
  • 感想
  • 明智光秀からのラストメッセージ

についてご紹介します。

ドラマ「麒麟がくる」最終回 ネタバレ

ドラマ「麒麟がくる」最終回のネタバレです。

1582年

信長に罵倒され家康の饗応役(きょうおうやく)を解かれた光秀は、その後、備後の鞆へ向かい足利義昭を殺すよう命じられる。

しかし光秀に出来るわけハズなどなく、細川藤孝に至急会いたいと左馬助に指示した。

その後、藤孝は忠興やたまを連れ、光秀の屋敷にやってきた。

藤孝からは、信長から公方殺害の命を受けたのか?と聞かれ、断ったと告げると

まずは毛利を倒し、公方様はそのあとで考えればよい。

と考えているものの、光秀は「信長には改めて説得する」と返答した。

信長、本能寺へ

天正10年5月末、光秀は本拠地「丹波」へ入った。

〜回想シーン〜

光秀は信長に出会った頃のことを話だし、あの頃の信長は人のために尽くしていて、名もなき若者たちを家臣にする、心優しいお方だった。

しかし、殿は戦の度に変わられた。変わってしまった。

帝さえもひれ伏す、万丞の主となる。

5月29日、信長は本能寺へ到着。

一方、光秀は左馬助や伝吾たちを前に、備中へは行かず本能寺へ向かうと告げ「我が敵は本能寺にある」と周知した。

そんな中、家康から光秀を守るよう命じられたと菊丸がやってきた。

しかし家康の身を案じた光秀は、

信長との戦に勝った暁には、共に300年続く世を創りたい。

ぜひ協力してほしい。

と告げ、菊丸に家康宛の言付けを渡し三河に戻らせた。

麒麟がくる『最終回』結末

明智光秀の軍勢は、亀山城を出陣した。

その頃、秀吉と黒田官兵衛のもとには、「光秀が信長に刃向かう恐れがある」と藤孝からの伝言が届いていた…。

6月2日の早朝。

光秀の軍は本能寺を取り囲んだ。

まだ眠っていた信長は軍勢の喚き声で目を覚ますと、光秀たちの軍と知り驚く。さらに飛んできた矢が左肩に刺さってしまう。

信長側も槍や刀で応戦するものの、大量の兵と鉄砲でどんどん追い詰められていく。

信長は城の奥へ向かうと、蘭丸に

わしはここで死ぬ。

わしのクビは誰にもやらん、わしを焼き尽くせ。

と命じると、火が放たれた。

本能寺が鎮火し、検分を提案されるも光秀は「もうよかろう」と断った。

//

光秀の有力な支援者と思われていた武将たちは、一斉に沈黙。

そして6月13日、光秀は羽柴秀吉たちの手によって敗れた。

//

公方のもとを訪れた駒は、光秀の生存説があり、丹波の山奥に籠もり今後に備えていると告げる。

にわかには信じがたい反応を見せる公方だったが、駒は街中で光秀の姿を見つける。

すぐにあとを追いかけたが、光秀の姿は見つからなかった。

ドラマ「麒麟がくる」最終回の感想

ドラマ「麒麟がくる」最終回の感想です。

コロナで撮影期間が延期され、話数減になるなど、本当に大変な中での撮影して頂きありがとうございました。

演者の皆さま、スタッフの皆さま、きっともっと描きたかった物語がありながら、世の情勢により、悔しくも断念した演出があったことと思います。

そういった皆さまの思いも含め、素晴らしい最終回を見させて頂きました。

本当に長期に渡る撮影、有難うございました。





関連記事【麒麟がくる】キャスト・各話のネタバレ

見逃し配信【麒麟がくる】動画1話〜最新話まで見る【2週間→無料】

 

2021 春ドラマ 40作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!