ドラマネタバレ・感想

ミステリというなかれ|9話 ネタバレ*感想【橘高の動機】

ドラマ ミステリと言うなかれ ネタバレ

ドラマ「ミステリというなかれ」9話が、2022年3月7日(月)に放送されました!

整は、喜和ストーカー事件の真相を突き止めます。

このページでは、ドラマ「ミステリというなかれ」9話の

  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

ドラマ「ミステリというなかれ」9話 ネタバレ

ドラマ「ミステリというなかれ」9話のネタバレです。

突然の停電

天達先生(鈴木浩介)に招かれ、ミステリー会に参加した整(菅田将暉)。

会が行われている山荘で、かつて美吉喜和(水川あさみ)がストーカーに殺害されたという事実を知る。

喜和だけでなく、ストーカーも暖炉にくべられた夾竹桃(きょうちくとう)の毒性の煙で死んでいた。

最近、都内でもストーカーによる連続殺人が発生していると憤る風呂光(伊藤沙莉)に、整は、

山荘に来る前、天達から

「参加者の中に1人だけ嘘をつく人物がいるので見ていてほしい」

と頼まれたことを話す。

すると風呂光も、天達から「嘘をつかない人を見ていてほしい」と言われていた。

整と風呂光は、喜和の事件に何か裏があるのではないかと考え始める…。

//

翌朝、目覚めた参加者たちは雪かきをする。

整は、喜和の事件に関して天達に尋ねると、第三者の進入の形跡はなかったが、ずっと事件について違和感があったと答える。

そして天達は整に、「とにかく、会の状況を先入観なしに見てほしい」と頼む。

その頃、風呂光は夾竹桃の枝が数本折れている場所を発見した。

雪かきを終え、整と風呂光がガレージで道具を片付けていると、突然停電が発生。2人は電動シャッターが開かなくなり閉じ込められてしまう。

橘高勝(佐々木蔵之介)が、ガレージに張ったテントの中から懐中電灯を持ち出すと、整はテントの中に山荘付近の地図を見つける。

その後、整たちは山荘につながるドアを天達に開けてもらい解放される。停電の原因は、送電線が雪の重みで切れてしまったためだった。

復旧は夕方までかかるとのことで、とりあえず昼食を食べることになり、整はカレー作りを頼まれた。

カレーを作りながら、参加者を観察する整はある事に気がつく。

あの日の朝に時間を巻き戻せたら

山荘には7人いるのに、使われている食器やスリッパは6人分しかなかった。。

橘高がワインを飲もうと持ち出すと、整が飲んではダメだと制止!

そして、整がまだゲームは続いているのか?と聞くと、天達は肯定する。すると整は、今2つの出来事が進行していると話しだす。

1つは天達に頼まれたことだと言う整は、嘘をついているのは橘高だと決めつけた。

整は昨日から、橘高が度々鼻に指をあてる行動を見ていて、それは人が嘘をついた時に行う可能性のあると指摘。

整が、橘高が鼻を触った時の言葉を挙げていくと、風呂光は嘘をつかなかったこともあったと言う。

それは、橘高だけが昨日のゲームに怒ったときのこと。

橘高は、喜和の事件を思い出すようなゲームをするのは、天達に悪いと憤った。

しかし、実は喜和の事件に触れてほしくないのは、橘高自身だったのではないかと推理する風呂光。

天達も喜和の事件の時に山荘に来なかった橘高が、現場を見たかのような発言をしていたことを指摘する。

そして、「あの日の朝に時間を巻き戻せたら」と、言った真意を整に見抜かれた橘高は、あきらめて真相を語り始める。

デラとパンの本職

その日、市役所に勤める橘高は喜和からの電話を受け、友人が電話をかけてくるからストーカーからの避難先を教えてほしいと頼まれた。

しばらくしてかかってきた電話に、橘高は喜和の友人と思い込み相手の確認もせず場所を教えてしまう。

不安になった橘高は山荘に向かったが、すでに喜和とストーカーは夾竹桃の煙に巻かれて死んでいた。

そして、橘高はミスを知られたくないため、自分の足跡を消し山荘を後にしていた。

蔦薫平(池内万作)は、なぜ今まで話さなかったのかと憤り、天達は薄々気づいていたが、橘高本人から話してほしかったと告げる。

だが橘高は、そのために今さらミステリー会を開いたのか?と納得できない様子。

すると、成り行きを見守っていたデラ(田口浩正)とパン(渋谷謙人)が、最近、西東京市で3件のストーカー殺人が起きていると口を開く。

風呂光にそれと喜和の事件との関係があるのかと聞かれると、デラは西東京署捜査二課の奥寺で、パンは同じ署の捜査一課の小麦だと身分を明かした。

なんと!2人は刑事だった。

ギャラリーリンク
パンは、犯人たちがいずれも非通知の電話で、被害者が逃げ込んでいる場所を知ったと証言が取れたと言う。デラは橘高が勤める市役所の市民課市民係は、ストーカーやDV被害者の支援手続きをしていると続けた。

橘高は係は自分だけではないと言う。しかし、橘高が喜和の事件の関係者だと知った刑事たちは、天達に捜査協力を頼んでいたのだ。すでに刑事たちは橘高の所持品から電話をかけた場所を突き止め、犯人たちに電話があった日にそこにいたことも調べさせていた。

ところが、橘高は「これって罪になるの?」と言い、喜和の事件に関するミスへの後悔に疲れ「ストレスでやったことだ」と開き直る。

さらに、整にカレーを食べようと言うだす…。

そんな橘高に、整はやっと動機が分かったと話しはじめる。

橘高(きつたか)の動機

整は、2つの出来事が進行していると最初に話したが、1つは喜和の事件の真相。

もう1つは、橘高がここに集まった人間を殺そうとしていると言い切る。

整は、橘高が透明人間になるため、食器やスリッパなど自ら持ち込み、手袋や帽子を被っているので、6人が殺されても疑われることはまずないだろうと話す。

テントにあった地図は、山荘から麓まで続く暗渠(あんきょ)排水路が示されていた。

行きは、蔦の車の後部シートで寝ていたため監視カメラには映らず、帰りは暗渠を使えば人に見られることもない。

天達は自分が傷心のあまり、喜和と親しかった人と無理心中を図ったことにされるのかと気づく。

さらに、整が橘高の行動を暴いていると、風呂光が別の山荘で4人が夾竹桃の煙を吸って無理心中した記事をスマホで探しあてた。

それは、橘高が透明人間の話をした時と同じ状況で、整は橘高が予行演習をしたのだろうと告げる。

天達たちに、喜和を殺した自分を責めれば良いと開き直る橘高を、整は否定する。

喜和を殺したのはあくまでストーカーで、橘高は人の役に立とうとして事件に巻き込まれただけだと言う。

問題は、橘高がミスしたことではなく、それを誰にも話さなかったことだと整は続けた。

誰かに話していれば、次の被害も起こらず予行演習も必要なかったと言う整は、ここに来るのが怖かったのでは?と橘高に尋ねる。

もし、天達と蔦がすべてを知っていたら、殺されるのは自分ではないか?と。

蔦はあり得ないと言うが、天達は殺す選択肢のある人間には、殺される選択肢も生まれてしまうと橘高に告げる。

こうして、橘高は警察に連行された。

ライカと千夜子

警察署に出勤した風呂光は、山荘での件を青砥(筒井道隆)と池本(尾上松也)に報告。

2人とも、整の推理力に舌を巻いた。

その後、風呂光は傷害被害者の診断書を大隣総合病院へ取りに行く。すると、桜の木の下にライカ(門脇麦)を見かけた。

風呂光がしばらく見ていると、ライカが急に倒れてしまう。

慌てて駆け寄った風呂光に、ライカは大丈夫だと立ち上がろうとするが、再び倒れ昏倒状態になってしまった。

そこへ看護師たちが駆けつけ、ライカを千夜子と呼ぶ風呂光を不思議に思っていると、ライカが目を覚ました。

看護師に気分を問われるライカは、千夜子と呼ばれていることに違和感がない様子。さらに、自分がどうしてここにいるかも分からないようだ。

その頃、整は自宅で作ったカレーを美味しそうに食べていた…。

 

つづく…

ドラマ ミステリと言うなかれ ネタバレ
ミステリというなかれ|10話 ネタバレ*感想【刹那的な初恋】ドラマ『ミステリと言う勿れ(なかれ)』10話のネタバレ・感想。2022年3月14日に放送。...
ミステリというなかれ|ドラマ 動画を無料視聴【pandora*dailymotion の配信は?】ドラマ『ミステリと言うなかれ』見逃し動画を1話〜最新話まで無料視聴する方法。pandora(パンドラ) や dailymotion(デイリーモーション)の配信は?2022年の放送で、主演は菅田将暉。...

 

ドラマ「ミステリというなかれ」9話の感想

ドラマ「ミステリというなかれ」9話の感想です。

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事【ミステリというなかれ】キャスト・ネタバレはコチラ

 

2022 春ドラマ 25作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!