ドラマネタバレ・感想

泣くな研修医|4話 ネタバレ*感想【オブラートな嘘】



ドラマ「泣くな研修医」4話が、2021年5月15日(土)に放送されました!

嘘と本当のこと、どっちがいいんでしょうね。

このページでは、ドラマ「泣くな研修医」4話の

  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

ドラマ「泣くな研修医」4話 ネタバレ

ドラマ「泣くな研修医」4話のネタバレです。

オブラート

研修医室で、患者・石井直太朗(須賀健太)のカルテを作成していた隆治(白濱亜嵐)。

大腸がんで抗がん剤治療中の石井(須賀健太)は、肝臓や肺、そしてリンパ節など複数に転移し、これ以上抗がん剤治療は継続できないと判断。

今後は積極的な治療は中止し、痛みや苦痛などを取る治療に切り替えることになったが、隆治は治療を中止することにためらいがあった。

隆治は「まだ25歳で若すぎる」と、悔しい表情を浮かべていた。

//

隆治は抗がん剤治療を止めることについて、患者の石井とその父、そして佐藤(木南晴夏)を交えて説明を行う。

すでに複数箇所にがん細胞が転移しており、抗がん剤治療が意味をなさないと告げた。

その後、石井の父だけに説明をすると、佐藤は「長くて1ヶ月。早ければ週単位」とハッキリ伝える。

ズバズバと現状を伝える佐藤に対して抗議するも、

オブラートに包むことは、嘘で期待させること。それは自分が背負いたくないからだ。

と、反論された。

必要な嘘

石井を車椅子の乗せ、中庭に向かった隆治。

石井は25歳で隆治と同い年で、入院前は医療関係の仕事をしていて、本当は医師を目指していたという。

「先生、いいお医者さんになってくださいね」

と笑顔で話す石井。

ところがその矢先、石井が急に嘔吐してしまう。がんの影響による腸閉塞が原因で、佐藤に相談し胃管を挿入することに。

その後、石井からいつまで管を入れたままのか?と聞かれ、隆治は思わず「数日で抜ける」と言ってしまう。

すると石井は「じゃあ頑張ります!」と、笑顔を見せた。

//

研修医室にて。

胃菅はすぐに抜けなかったが、石井への配慮から嘘を言ったことに対し、隆治は後悔していた。

しかし、滝谷や川村・くるみ・瀧内たちが、それは必要な嘘だと励ましてくれた。

📢 隆治:心の声

みんな、石井さんについた嘘が少しでも現実に近づけるように、力いっぱい叫んでくれた。

彼らの横顔を見てたら、ふぞろいの仲間たちもいいな。

きっと、長い人生の中でこの瞬間はほんの一瞬のことだけど、きっと忘れない永遠の一瞬のような気がした。

その頃、石井の容態が急変していた。

 

つづく…

泣くな研修医|5話 ネタバレ*感想【当たり前の貴重さ】ドラマ『泣くな研修医』5話のネタバレ・感想。2021年5月22日に放送。...

 

ドラマ「泣くな研修医」4話の感想

ドラマ「泣くな研修医」4話の感想です。

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事【泣くな研修医】キャスト・ネタバレはコチラ

 

2021 秋ドラマ 46作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!