ネタバレ・感想

ケイジとケンジ|4話 ネタバレ感想【君は悪くない、別れてくれ】



2020年2月6日(木)に、木9ドラマ「ケイジとケンジ」第4話が放送されました。

コチラの記事では、ケイジとケンジ「4話」の

・ネタバレ
・感想
・次回の予告とあらすじ

についてご紹介します。

4話ゲストケイジとケンジ|石田貴理子役の女優は誰?阿部純子【太郎丸の元カノ】

4話ゲストケイジとケンジ|太郎丸直樹役の俳優は誰?大東駿介【みなみの元カレ】

 

ケイジとケンジ「4話」ネタバレ 2/6

桜木署に警察密着24時の取材でカメラが入ると知り、張り切る強行犯係の刑事たち。

カメラ目線で自分たちの仕事ぶりをアピールし、みんながテレビに映ろうとしていた💦

バイク放火事件の被害者は、みなみの…

放火の通報を受け現場に向かった豪太たちは、原付バイクの前輪が燃えただけと判明。

撮れ高がないとテレビ局のスタッフたちと共に他の刑事たちも帰っていったが、豪太だけ残されてしまう。そこへ、バイクの持ち主が帰ってきて被害状況に驚いていた。

バイクの持ち主は太郎丸直樹さん。心当たりはないか?と豪太が尋ねると、太郎丸の元カノ石田貴理子が怪しいと言う。

家に帰った豪太が放火事件についてみなみに話すと、名前を聞いて驚きながらも、詳しい話を聞いてくる。

そう、太郎丸直樹は、みなみが3ヶ月前まで一緒に同棲していた男だった。

翌日、石田貴理子を任意同行し事情を聞くと、バイクを燃やしたことを認めた。太郎丸に振られた腹いせにやったと自供した。

豪太は、石田貴理子が犯行を認めたと太郎丸へ報告に。そこで話をしているうちに、仲井戸という苗字から太郎丸は「みなみの兄」だと知ることに…。

事件を担当する修平

みなみの元カレが関わってる事件など担当しないと自信満々の修平だったが、あっさり樫村から修平が担当するよう命じられた💦

被害者の太郎丸が「みなみの元カレ」だと聞いた樫村は、みなみを担当から外した。

貴理子を取り調べた修平は、太郎丸にフラれ自分の気持ちを抑えきれずにやってしまったと話してくれた。

取調べを終えた貴理子を見かけた、みなみ。貴理子の何か怪しげな表情をしていた。

取調べのために訪れた太郎丸と再会した、みなみ。しかし、なんであんな男と付き合ったんだろう!ともう引きずってはいない様子。。

修平から事情を聞かれた太郎丸は、貴理子を告訴すると言い出した。

理由を聞くと、

別れを切り出した際、素直に別れに応じた貴理子。ところが部屋を出て、1階に出たところで、貴理子の部屋がある5階のベランダから植木鉢を落とされた。

間一髪で自分の隣に落ちたが、当たっていれば死んでいた。

ことがあったと言う。

太郎丸に対して殺意を持っていたとすれば、放火も悪質な可能性があるため、豪太に貴理子のことを調べて欲しいと修平から依頼が入る。

貴理子の本性?

貴理子の通話履歴を調べた豪太は、ホストクラブに何度も電話していたことが判明。

ホストクラブへ聞き込みに行った豪太。あるホストによると、7階のベランダから植木鉢を落とされたという話を聞き出した。

詳しく調査すると、半年前に貴理子と不倫していた林原という男に植木鉢を当て、複雑骨折していたことが判明。

別れ話を切り出した直後で貴理子が落としたとすぐに分かったが、妻にバレるのを恐れた林原はその件について公表しておらず、事故として処理されていた。

豪太は修平を家に呼んだ。二人で事件について話していると、みなみが帰宅。

事件の担当からハズされていたため、自分は居ない方が…と言うみなみだったが、女としての意見が欲しいので会話に入れと豪太に言われ参加することに。

起訴される貴理子

別れを切り出された時の、貴理子の気持ちを考える豪太たち。

ハッキリとした理由もなく、気持ちが冷めたと言われ、怒りの持って行き場がなかったのでは?と話すみなみ。

犯人に同情するのか?と聞く修平。しかし豪太は、同情ではなく貴理子の再犯を防ぎたいと考えていた。

翌日、貴理子への起訴を伝えた修平。

罪名は「現住建造物等放火未遂罪」になった。

1人の人間として、みなみや豪太たちのキモチも交えた内容として聞いてほしいと伝え、

「あなたが犯罪者として裁かれるのは、これが最後であってほしい。」

「心から打ち解け、本音を語れる同性の友だちを作ってみてはでしょう?」

と貴理子に伝えた。

そんな友達なら、アナタのことをハッキリ言ってくれるかもしれません。それから、メールも電話もほどほどに。恋の駆け引きを楽しむくらいの余裕を持ってください。そして、部屋のベランダにはもう植木鉢は置かない。

貴理子は涙ぐみながら

「すみませんでした、申し訳ありませんでした。」

と言い、罪を認めてくれた。

しかし修平はそれ以上、貴理子を問いただすことはなかった。

 

おわり

ケイジとケンジ「4話」感想

ケイジとケンジ「4話」の感想です。

本当に面白いと思うんですけどね、ケイジとケンジ。

最近は、劇中での東出さんのコメントが不倫ネタと繋げられてしまいますね。。

朝ドラ・スカーレットもそうですが、やはり関西弁のテンポが入るとドラマが軽快になって、見ている方は面白いです😊

桐谷健太さん初の主演ドラマなので、面白いと思った方はぜひ毎週よろしくおねがいします!桐谷さんを応援しましょう!!

ケイジとケンジ「5話」予告・あらすじ

横浜桜木署の刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)と目黒元気(磯村勇斗)は居酒屋店へ。“出世第一の人生プラン”を掲げる目黒は、とうとうと“守りの姿勢”の大切さを語り始める。すると突然、外から怒号が聞こえてきた。酒に酔った源義和(深水元基)がけんか腰で、路上に倒れ込む向谷孝太郎(荒川浩平)に迫っていく姿を見た豪太と目黒は、源を現行犯逮捕。思わぬ手柄にすっかり舞い上がる。

だが、その先に待っていたのはまさかの展開。源の弁護士・神田川博史(堀井新太)が桜木署へやって来たのだが…なんとこの男、目黒の中高時代の同級生だったのだ! しかも超やり手の神田川は、最初に手を出したのが向谷であることを示す防犯カメラ映像を、いち早く入手。あろうことか源を誤認逮捕してしまっていたことが発覚し、豪太と目黒は青ざめる…。

ところがそこへ、桜木署の刑事・毛利ひかる(今田美桜)が源にそっくりな似顔絵を探し出してきた! 実はこれ、3年前に傷害事件を起こし、未だ捕まっていない犯人の似顔絵だという。大逆転のチャンスを得た豪太らは、源をいったん釈放した直後に、3年前の傷害事件で再度引っ張ることに。だが、横浜地方検察庁みなと支部の部長検事・樫村武男(柳葉敏郎)は張り切る警察の暴走を危惧。部下の検事・真島修平(東出昌大)に、送検の前段階から捜査に加わるよう指示する。一方、神田川は先手を打ち、同事件の被害者・伊勢谷徹(池岡亮介)と示談交渉を進め…!?

ことあるごとに神田川にやり込められ、思うように捜査を進められない警察と検察。そんな不甲斐ない状況の中、豪太が放った“ある言葉”が目黒の胸に響き…!

引用:公式サイト

ケイジとケンジ|5話 ネタバレ感想【危なっかしい生き方】2/13ケイジとケンジ「5話」ネタバレと感想。次回の予告あらすじも。2020年2月13日放送。...

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

人気記事ケイジとケンジ|キャスト・ネタバレはコチラ

 

関連記事
error: Content is protected !!