ネタバレ・感想

ケイジとケンジ|最終回(9話) ネタバレ感想【豪太ありがとう!!】3/12



2020年3月5日(木)に、木9ドラマ「ケイジとケンジ」第8話が放送されました。

コチラの記事では、ケイジとケンジ「8話」の

・ネタバレ
・感想

についてご紹介します。

9話ゲストケイジとケンジ|リーダー久我山勝也(くがやま)役の俳優は【桐山漣】

 

ケイジとケンジ「最終回(9話)」あらすじ

ケイジとケンジ「最終回(9話)」のあらすじです。

横浜桜木署管内で、激しい暴行を受けた身元不明の遺体が見つかった!

遺体の胸元にある火傷の痕を見た桜木署の刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)は、犯人が身元を隠ぺいするためタトゥーを消そうとしたのだと推測。

これを重要視した横浜地方検察庁みなと支部の検事・真島修平(東出昌大)は、「3人組の犯人を見た」という第一発見者の証言と照らし合わせ、ある仮説を立てる。

その目の付けどころを部長検事・樫村武男(柳葉敏郎)は評価。修平にこの事件を担当させることにする。

まもなく豪太は、先だって決闘罪で送検した男たちの一人・澤登大介(木村龍)から重要な証言を引き出す。

なんと殺された男は半グレ集団「ベイシャークス」の幹部で、その集団のリーダーこそは…桜木署が児童虐待容疑で追っている男・久我山勝也(桐山漣)だったのだ!

この捜査を突破口にして、半グレ集団を壊滅しようと燃える豪太。そんな豪太の思いに共鳴した修平は、捜査の主導権を握る神奈川県警捜査一課長・見城長一郎(池田成志)をいなし、桜木署が中心となって捜査を進めるよう指示。

ところが、勢い余った豪太が“とんだ失態”を演じてしまったことで、修平が怒りを爆発させ…!?

出典:公式サイト

ケイジとケンジ「最終回(9話)」ネタバレ 3/12

とある工場で、男性が集団暴行を受けていた。

工場の職員がその様子に気付き、警察へ通報。その後、暴行された男性は亡くなった。死体を確認すると、左胸のタトゥーを消すためにライターで炙られた痕があった…。

そこへ、真島とみなみが到着。

第一発見者によると、犯人の顔は覚えていないが3人組の男だったと証言した。

検察の戦略2つ

樫村に事件の現状を報告した真島が、担当検事に選ばれた。

その頃、桜木署では遺体の身元が「八尾弘樹(やお・ひろき)」と判明。さらに、別件で逮捕した男にも八尾と同じタトゥーが左胸に入っていた。

その2人は、半グレ集団「ベイシャークス」に所属しており、彼らの収入源は「Bay’s Bar」というボったくりバーだった。

八尾が会社の売上金を着服したことがバレてしまい、久我山たちにヤラれた可能性が高いと考えた豪太たち。

一方、検察では樫村から以下の2点を指示された。

・殺人容疑で逮捕するための時間稼ぎだと思われないようにすること。

・犯人たちに「自分たちは殺人の嫌疑はかけられてない。全く疑われてない。」と思わせること。

真島も「殺害された八尾弘樹の名前は絶対に出すな」と、警察に指示したことを伝えた。

その頃、ベイシャークスの幹部3人は大阪へ高飛びしようとしていたが、出発しようとしたタイミングで豪太たちが検挙した。

取り調べで、八尾はもともとバーの店長だったことが判明。

豪太はリーダーの久我山を取り調べていたところ、つい八尾の名前を言いそうになり取り調べは中止になってしまう。

椿はスマホを2台持っていた

ベイシャークス幹部3人の送検は終わったものの、八尾を殺人した物証が揃っていない。

共闘罪で逮捕されたベイシャークスのメンバー沢登によると、

  • 最初は八尾がベイシャークスのリーダーだった。
  • その後、リーダーが久我山に変わり抜けたかった。
  • ところが、久我山が怖くて抜けることが出来なかった。

さらに沢登は、幹部の椿がいつも電話を掛けてきて可愛がってくれていた恩もあり、抜け出せなかったと語る。

ところが、豪太たちが事前にスマホの通話記録を調べたところ、八尾→沢登へ電話した記録は残っていなかった。

沢登によると、椿は2台持ちで女にもう1台を預けていたことが判明。すぐに調査したところ、椿(つばき)のスマホから「八尾の暴行動画」が見つかった。

検察で罪状を読み上げられた幹部2人に、真島は初めて八尾が死んだことを告げる。慌てた幹部と久我山は罪を認めた。

久我山は、ただ弱かっただけで強くなってメンバーを束ね権力を握りたいだけだった。

その後、他のメンバーも逮捕され半グレ集団の壊滅に成功し、功績が認められた桜木署は「警察庁長官賞」を表彰された

桜木署の強行犯係・捜査一課・検察で、盛大な打ち上げを行った。

 

おわり

ケイジとケンジ「最終回」感想

ケイジとケンジ「最終回」の感想です。

続編を期待する声、そして東出さんのSNS登場などの声が多く観られました。私も個人的に面白かったので続編を希望します!!

桐谷さん、初主演ドラマ本当にお疲れさまでした!また、続編でお会いできることを期待しております!!

それでは、最後までご覧いただき有難うございました。

人気記事ケイジとケンジ|キャスト・ネタバレはコチラ

 

関連記事
error: Content is protected !!