ネタバレ・感想

グランメゾン東京|7話 ネタバレ感想【京野、ぶっちゃける】



TBS日曜ドラマ・グランメゾン東京『7話』が、2019年12月1日(日)に放送されました!

トップレストラン50の結果に、妻のエリーゼが急に現れ「相沢と娘・アメリー」との今後が気になる第7話。

さらにドラマ終盤では、京野からとんでもないカミングアウトが!

今回は、グランメゾン東京『7話』

  • ネタバレ
  • 感想
  • 次回のあらすじ

についてまとめています。

グランメゾン東京『7話』ネタバレ

「トップレストラン50」発表の、一週間前。

グランメゾン東京へ、相沢の妻・エリーゼが来店。

開店前、慌ただしく準備をするグランメゾン東京へ1人の女性が来店。

その女性は、相沢の妻・エリーゼでした。

エスコフィユ繋がりで京野(沢村一樹)や尾花(木村拓哉)のことは知っているようです。

エリーゼは尾花に向かって、「なんで、また相沢を誘ったの?」と突っかかります。

尾花「三ツ星とるのに必要だから。」

エリーゼ「まだそんなことを。。」

愕然とした表情のエリーゼは、エスコフィユ時代の話を始めます。

・相沢は三ツ星を獲ったらエスコフィユを辞めると何度も言っていた。

・結局、毎年毎年「三ツ星」は獲れないまま、あなた(尾花)は逃げ出した。

そこへ相沢が出勤してきました。

エスコフィユの事件以来、疾走していたエリーゼを目の当たりにし、怒りを抑えられない相沢。

京野と尾花が必死で止めに入ります。

エリーゼの帰りを、娘のアメリーはずっと待っていると訴える相沢。

ところがエリーゼは

「あなたとは終わり、アメリーを連れ戻しにきた。」

と言ってきました。

「アメリーを置いて勝手に出ていったのは君だろ!」

と迫る相沢に、

「これまで身勝手に生きてきたのはどっちよ!?」

と、エリーゼに言い返されてしまいます。

子育てと両立しながらやっていると、倫子がフォローを入れますが、

「三ツ星を狙う料理人が子育てと両立できるハズがない!」

と、エリーゼに言われてしまいます。

エリーゼこそパリで2人でやっていけるのか?と問いかける相沢に、経済力のある新しいパートナーがパリにいるので問題ないとのこと。。

そして、娘・アメリーを引き止める条件として、

トップレストラン50で、エスコフィユ時代の最高順位10位を越える

という、難題を突きつけられます。

オープンから1年未満のレストランが、TOP10以内に入賞した例は過去に一度もありません。

その夜、エリーゼは倫子の自宅へ泊まることに。

エスコフィユ時代

倫子・尾花・京野の3人にエリーゼを加え、ワインを飲んでいました。

昔話に花が咲く4人。

エスコフィユ時代に相沢とエリーゼの新婚祝いをしたようで、家族ぐるみの付き合いをしていたことに驚く倫子。

あの頃はとっても楽しかったと語るエリーゼ。

ところがエリーゼは、

・三ツ星を狙い出してからのエスコフィユは、皆とても辛そうだった。

・私はミシュランを恨んでる。

・三ツ星のために、料理人は色んなものを犠牲にしてる。

話も終わり、ガレージにいた尾花は誰かに電話をしていました。

意味深な栞菜(かんな)の発言。

トップレストランまで、あと6日。

倫子は、エリーゼとじっくり話し合った方がいいと、相沢にしばらく休暇を取るよう指示します。

しかし、残り6日で相沢に抜けられては困る。

そして、新メニューを考えるためには相沢の力が必要だという尾花。

ここに来て、新メニューを作るという発言に驚く倫子。

そこに、鹿肉を卸している「峰岸」が、色んな種類のキノコを持ってきてくれました。

昨夜、尾花が電話していた相手は峰岸でした。

どうやら、エリーゼのためだけに作るメニューの食材にするようです。

 

開店前の受付で話す、京野と栞菜。

栞菜は京野にこんなことを話してきました。

・このお店は、尾花さんにずっと振り回されてますね。

・結局、3年前のアレルギー物質を混入させた犯人は、誰だったんですかね。。

・皆さん、あの事件で色んなものを壊されてしまったのに、このままで納得出来るのかな・・・って。

意味深な発言をする栞菜に、とまどう京野でしたが、、ここで開店の時間に。。

金に負けなかった芹田

トップレストラン50まで、あと5日。

芹田(寛一郎)は「gaku」へ来ていました。

これまで度々もらっていたお金を、江藤に突き返した芹田。

(よくやった!芹田✨✨)

帰り際、祥平(玉森裕太)と丹後(尾上菊之助)に見つかってしまいます。

不審に思った丹後は、

「お前、江藤オーナーに頼まれて、くだらない余計ことしてんじゃねぇだろうな?」

オドオドする芹田でしたが、勇気を振り絞り

「もうそんなダサいことは辞めました。」

「なにしろオレは、伝説のレストラン・グランメゾン東京の立ち上げメンバーですから!」

と丹後へ返答しました。

(よう言うた!芹田!)

急に笑い始める丹後。

「ウチだけスパイしてたなんて、不公平だろ。」

「gakuの料理、しっかり盗んで帰れ。」

と言い、芹田にgakuの厨房や最新の機材を案内してくれました✨

芹田は、gakuの素晴らしいこだわりに感動します。

「日本のレストラン初のTOP20以内を目指す。」

「まずは、日本一の称号を得るつもりだと尾花に行っておけ☺」

と、丹後から宣戦布告を受けたのでした。

フランボワーズのゼリー vs リオレ

公園で1人寂しそうな相沢。そこへ、車に乗った尾花と倫子がやってきました。

アメリーと一緒に遊んでいる、エリーゼ。

どうやら、相沢の家にエリーゼが押しかけて来たようです💦

その後、相沢とエリーゼはアメリーとのこれからを話すためにカフェへ。

相沢「アメリーは絶対に渡さないから。」

エリーゼ「裁判で親権を争う。」

とまどう相沢の横には、なぜか一緒に付いてきた倫子と尾花も💦

そんな時、アメリーが熱を出したと相沢に連絡が入ります。

家には絶対に入れないと相沢に言われ、エリーゼは一緒に向かうことが出来ませんでした。

****

アメリーは何とか熱が下がってきたようで、ひと安心。

尾花はアメリーの大好物「フランボワーズのゼリー」を作りましたが、食べてくれません。。

しかし、エリーゼが作った「リオレ」はママの味だと食べてくれました。

★リオレとは?

お米を使ったスイーツ。

体調を悪くしたときにフランスのお母さんたちがよく作る、定番の回復食のことです。


・オレ」はエリーゼが作ったもので、倫子がお願いされ、相沢の家まで届けてくれていました。

相沢の覚悟。

トップレストラン50、前日。

相沢の母・アメリー・エリーゼは、グランメゾン東京に招待され来店。

家族ぐるみの付き合いをしたいという、倫子の希望でした。

この招待は、アメリーが元気になったお祝いとして企画されたもの✨✨

スペシャルランチメニューが次々と運ばれる中、エリーゼは食べる度に何かを感じた表情を見せます。

////

つづいて、スペシャリテメニュー。

エリーゼのためだけに作った「ガレット・シャンピニオン」がテーブルへ。

一口食べたエリーゼは頬張りながら、笑顔が溢れます。

ところが、食べるのを止めたエリーゼ。。

エリーゼは心情を話し始めました。

・どの料理も美味しい。それが嫌なの!

・これだけ美味しい料理を作るのに、どれだけ苦労したの!?

・きっと、今まで以上に寝る間を惜しんで努力して、それでアメリーとの時間を削り出していたのよね?

・何でそこまでするのよ!

・そんな人に、やっぱりアメリーは任せられない。

固まってしまうスタッフたち。

そこへ、尾花が最後の一皿を持ってきました。

その料理は、アメリーがエリーゼのために作った「フランボワーズのゼリー」

 

この投稿をInstagramで見る

 

日曜劇場『グランメゾン東京』(@gurame_tbs)がシェアした投稿

アメリー自ら「どうやって作るのか教えてほしい☺」と、尾花に作り方を教わっていたのでした。

尾花「ママに帰ってきてほしいから、プレゼントしたいって。」

尾花「アメリーは、ほんとに気持ちを込めて丁寧に自分で作ってた。」

アメリーが作ったゼリーを食べ、涙を流すエリーゼ。

「あの子、いつの間にこんなこと出来るように・・・」

相沢「グランメゾン東京で働くようにって、家で何度も料理したんだ。一緒に。」

エリーゼ「エスコフィユ時代も、少しはそうしてくれてたらよかったのに。」

 

相沢は、エリーゼにこう話しました。

・アメリーをパリに連れてってよ。

・もっと料理がしたいんだ。

・アメリーが居ないほうが、僕も料理に打ち込めて助かる。

・新しいパートナーとの幸せを心から願っています。

ところが、エリーゼが言っていた「新しいパートナーがパリにいる」という話はウソでした。

パリに戻ったら、1人でアメリーを育てようとしていたエリーゼ。

それを聞いた相沢は、

・だったら、この店で三ツ星を獲ったら僕もパリに帰る。

・それまで、待っててくれないか!?

しかしエリーゼは、

・何年もそう言って、結局ダメだったじゃない!

・その言葉は聞き飽きた!

・あなたとやり直すつもりはない。

相沢は諦めず、エリーゼに訴えます。

・今度は、やれる!

・グランメゾン東京は、エスコフィユを越えられる!

・僕はそう信じてる!

尾花「明日のトップレストラン50で、グランメゾン東京はエスコフィユの10位を超える。」

相沢は「そうなったら、もう一度やり直してほしい」とエリーゼに伝えました。

トップレストラン50、当日。

リンダによって、次々と読み上げられる「順位と店名」。

次は、20位からの発表。

栞菜(中村アン)「初エントリーで20位以内は、過去に前例がありません。」

怯む相沢を励ます、尾花。

20位以内の発表がつづき、いよいよ「TOP10」の発表になりました。

TOP10に選ばれたのは・・・、グランメゾン東京です!!

喜ぶ、グランメゾン東京のスタッフたち✨✨

しかし、10位を超えられず悔やむ尾花は、相沢に謝ります。

 

一方、グランメゾン東京のTOP10入りに愕然とする「gaku」陣営。

ショックを隠せない、丹後・・・。

ところがその時、TOP8に「gaku」が選ばれます!!

驚きを隠せない丹後でしたが、我に返り喜びあいます。

「TOP10止まりだったこと。」に加え、そこに「gakuのTOP8」。

尾花は会場から抜けだし、悔しさを抑えきれず

「クッソォォォォォォォォォォォォォ!!」

と叫びました。

アメリーとのお別れ。しかし・・・

アメリーはエリーゼと一緒に、パリへ戻ることになりました。

最後の別れを惜しむ、相沢たち。

少し離れた場所で話していた、尾花とエリーゼ。

エリーゼ「どう?三ツ星は諦める気になった?」

尾花「うっせぇな!んなわけねぇだろ!」

 

つづけて、エリーゼは尾花に伝えます。

・私も、あの頃は三ツ星が取れると思ってた。

・あなたの料理は、ホントに素晴らしかったから。

・だけど獲れなくて、相沢が追い詰められていくのを見るのが辛かった。

・それであの事件があって、もう、何もかも嫌になったのよね。

・何だったんだろう?今までの苦労は?って。

・今度こそ獲ってよ、あの人に獲らせてあげてよ!三ツ星。

エリーゼは、涙ながらに尾花へ訴えました。

 

エリーゼ「あたしが保証する。グランメゾン東京の料理は、エスコフィユより美味しかった(涙)」

嬉しさを抑えた表情の尾花。

その場を離れようとしたエリーゼに、

尾花「三ツ星を約束する。」と伝えました!!

****

別れの時間がやってきました。

バスに乗ったエリーゼとアメリーを見て、涙ぐむ相沢。

これでアメリーとはお別れ・・・と思いきや!

アメリーがバスから降りてきました💦

アメリー「パパー!ママが待ってるからって☺✨」

アメリー「頑張ってね☺✨✨」

三ツ星を指で表現するアメリー。


喜びと嬉しさで、泣きながらアメリーを抱きしめた相沢。

こうして、エリーゼとアメリーはパリへ旅立っていきました。

やっぱり京野は倫子にホ・・・

倫子の自宅では、京野と尾花を交えTOP10入りの「プチ祝勝会」が行われていました。

エリーゼが相沢についたウソ、

「パリに新しいパートナーがいる」

を、実は見破っていたと言い張る倫子。

本当だったらワザワザ言わない、あれは強がりだったのよ。

 

気付いてたら言ってあげればよかったのに!と言う尾花に対し、

私だって、どうしようもない料理人と散々付き合ってきたから、よく分かるわけ。

女にダラシなくて、いい加減な男ばっかり!

そういう男に、惹かれるように出来てんのかなぁ~

尾花をジロっと見る、京野。

倫子「母親も、愛人に、一生捧げたちゃったわけだし・・・」

倫子が住んでいる家は、倫子の母が愛人からもらったもの。

そのことを尾花も知っていたと分かり、浮かない表情の京野。。

急に、倫子の母が漬けた「ぬか漬け」を食おうと言い出す尾花。

またしても、気に食わない表情を見せる、京野。。

今度、別の食材を「ぬか漬け」にしてみようよ、とアレコレ話す倫子と尾花。

一方、切った「ぬか漬け」を食べた京野は急にテーブルを叩き、

「漬かりすぎだよ!浸かりすぎ!」

語気を荒げだした京野💦💦

京野「尾花、お前さぁ、この家に居すぎだろ。」

ちゃんと考えてるって!(住まいのこと)という尾花に対し、

京野「オレは本気で言ってんだよ!!」

倫子「京野さん????」

京野は胸の内を明かしました。

・嫌なんですよ!

・尾花と倫子さんが毎日そうやってそこで料理を作って!

・一緒にご飯を食べて、二人だけの時間を積み重ねていくのが!

・嫌なんです。。

京野を落ち着かせるために「飲もう!」と歩み寄る尾花ですが、断られます💦

つづけて、京野から。

・あの・・・、一緒に店をマネジメントしていく人間がこういうこと言うのもどうかと思うんですが、ハッキリ伝えておきます!

・私は、倫子さんのことが好きです。

・だから!尾花には一刻も早くこっから出てってほしいと思ってる!!

驚いた表情の倫子、目が点になっている尾花。。

 

つづく…

グランメゾン東京|8話 ネタバレ感想【星目線より客目線】グランメゾン東京『8話』ネタバレ・感想・次回のあらすじ。2019年12月8日に放送。...

グランメゾン東京「7話」感想

グランメゾン東京『7話』の感想です!

最後まで見て、エリーゼは相沢さんからアメリーを取り上げたわけじゃなくて、彼の負担にならないように連れて行ったと思うことにした。

最後の、アメリーに言わせた「待ってるからね」は三ツ星取れたらやり直そう、だから頑張れって意味だと思いたい😭

Twitter

Twitter

「グランメゾン東京」次回のあらすじ

『グランメゾン東京』のあらすじです。

京野(沢村一樹)が、倫子(鈴木京香)に告白した翌日、尾花(木村拓哉)が音信不通になってしまう。

周りの心配をよそに、夕方に戻ってきた尾花が連れてきたのは、彼の料理の師匠・潮卓(木場勝己)だった。

彼の娘の凪子(伊藤歩)に頼まれ、退院する潮を迎えに行っていたのだという。

尾花は、潮に店の料理を食べてもらおうとするが、ほとんど手をつけず途中で怒って帰ってしまう。

帰り際に、一番の問題は京野にある、とだけ言い残して…。

倫子たちは原因を探るべく潮の店に行く。

そこでお店定番のビーフシチューの美味しさに衝撃を受ける。

そんな中、尾花は潮の様子に異変を感じ……

公式サイトより引用

以上、最後までご覧いただき有難うございました!

人気記事グランメゾン東京|各話のネタバレはコチラ

関連記事
error: Content is protected !!