ドラマネタバレ・感想

妻、小学生になる|8話 ネタバレ*感想【借りたものは返さなきゃ】

ドラマ「妻、小学生になる」8話が、2022年3月11日(金)に放送されました!

貴恵は「生まれ変わりではない」と言い、借りたものは返さなきゃと告げます。

このページでは、ドラマ「妻、小学生になる」8話の

  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

ドラマ「妻、小学生になる」8話 ネタバレ

ドラマ「妻、小学生になる」8話のネタバレです。

地下のカフェで

大みそかの夜、カウントダウンの際に突然倒れた万理華(毎田暖乃)は、意識を失い貴恵(石田ゆり子)の記憶失っていた。

目が覚めても圭介(堤真一)と麻衣(蒔田彩珠)のことは分からず、千嘉(吉田羊)は万理華が戻ってきたと思い心が動く。

しかし、再び目覚めた万理華はやはり「貴恵」だった。

一時的にでも、貴恵がいなくなったことに不安を感じる圭介と麻衣。

友利(神木隆之介)は、生まれ変わりの小説『君と再び』の著者・出雲(當真あみ)なら何か分かるかもしれないと考える。

一方、圭介は「君と再び」を熟読し始める。

守屋(森田望智)は、圭介が読んでいる「君と再び」を見て、週末に最終巻が発売され、サイン会があると伝える。

圭介は、出雲のサイン会に万理華たちと行ってみることにした。圭介、友利、万理華、麻衣の4人で並ぶも整理券は2枚のみ…。

圭介と友利が列に並ぶが、出雲は友利のことも覚えておらず、スタッフに押し戻されてしままう。

出雲は母親のことを心配していて、サインされた本には「地下のカフェで」と書かれていた…。

千嘉のねがい

地下のカフェで、出雲を待っていた4人。

遅れて到着した出雲に、友利は万理華を自分の姉だと紹介する。すると、出雲はすんなりそれを信じた。

そして、自分は吉原(水川かたまり)だと言い出す。

高校教師で、将来小説家になることを目指していたが、不慮の事故で命を奪われた。

成仏できずに町をさまよっていると、怪我でバスケの試合に出られなくなり、推薦で高校に行けなくなった失意の出雲を発見。

助けようと思い声をかけた時、出雲の「いなくなりたい」という気持ちと、吉原の「もう一度生きたい」という気持ちがリンクし、出雲の中に入り込んだ。

さらに出雲は、生まれ変わりではなく憑依したという。

小説を書き終えホっとしたら、本物の出雲が出てきた。

吉原は、出雲に生きたい気持ちがあるからだろうと告げ、「借りたものは返さないといけない」と話す。

圭介は、吉原が話したその言葉が気になった。貴恵も同じだからだ。

千嘉は本物の万理華に会いたがっていて、大晦日の日に一瞬だけ戻った万理華が、まだ自分を怖がっているとわかっていた。

それでも万理華に会いたい。会って謝りたいと願う。

借りたものは返さなきゃ

貴恵は、万理華に憑依したときのことを思い出す。

圭介との待ち合わせで寺カフェに行くと、マスターが「奥さんの姿は久しぶり」と声を掛けてきた。

マスターには色んなことが見えていて、圭介に

圭介と貴恵の現世での縁はすでに終わっている。

この世でどうにかしようとするのは欲張りすぎ。

と、諭す。

そのころ、友利は出雲と一緒にいた。

出雲の中にいる吉原は、小説を書ききり満足していた。そして友利に「この娘をよろしく」と告げ、出雲の身体から抜け出ていった。

その途端、出雲はその場に倒れてしまう。

万理華は圭介、麻衣、千嘉、友利と食事すると、貴恵が万理華に憑依したときのことを話し出した。

千嘉に怒られたくなりたいと思う万理華の気持ちと、10年もさまよっていた貴恵の気持ちがリンクして万理華に入り込んでいた。

借りたものは返さないといけない

という貴恵の言葉に、圭介も麻衣も友利も激しく抵抗したが、万理華は気を失ってしまう。

そして、目を覚ました万理華は「ママ!ママ!」と千嘉に抱きつき、貴恵は消えていった…。

 

つづく…

妻、小学生になる|9話 ネタバレ*感想【本当にさよならしていいの?】ドラマ『妻、小学生になる。』9話のネタバレ・感想。2022年3月18日に放送。...
妻小学生になる|ドラマ 動画1話〜無料視聴【見逃し配信】ドラマ『妻、小学生になる。』見逃し動画を1話〜最新話まで無料視聴する方法。2022年の放送で、主演は堤真一。...

 

ドラマ「妻、小学生になる」8話の感想

ドラマ「妻、小学生になる」8話の感想です。

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事【妻、小学生になる。】各話のネタバレ・キャストはコチラ

 

2022 春ドラマ 25作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!