ドラマネタバレ・感想

ドラマ『竜の道 二つの顔の復讐者』原作との違い ネタバレ【結末は未完】




長い放送延期を終え、いよいよ2020年7月28日(水)からドラマ『竜の道 – 二つの顔の復讐者-』初回放送がスタートします!

コチラの原作は、白川道さんの小説「竜の道」上下巻(飛翔篇と昇龍篇)です。

今回は、小説「竜の道」の

  • 原作ネタバレ
  • ドラマ版のキャストと相違点

についてまとめてみました。

※ドラマと原作では、表現やストーリー展開など変更になる恐れあり。予めご了承ください。

ドラマ『竜の道』原作ネタバレ【4つの約束】

双子の兄弟・矢端竜一と竜二は、幼いころ実の両親から廃品回収屋に捨てられた。

廃品回収屋は双子を養子にして養父母となったが、食事もろくに与えてもらえずコキ使われ、虐待を受ける毎日を送っていた。

そんな中、矢端兄弟のことを唯一やさしくしてくれたのが、小さな運送会社「協立商事」を営む吉野夫妻だった。

矢端兄弟は、吉野夫妻の娘・美佐のことを妹のように可愛がっていた。

ところが、二階堂源平が経営する「二階堂急便」の悪質な乗っ取りに合い、多額の借金を背負った吉野夫婦は一家心中を図った。

幸いなことに、娘の美佐は一命を取り留めたものの失明してしまう。

この悲惨な出来事を機に、竜一と竜二は

俺たち兄弟はコインの<表>と<裏>だ

と、契を交わし

  • 世の中を見返す
  • 「二階堂急便」に復讐する
  • 美佐を幸せにする
  • 実の両親を探し出して殺す

という4つの約束を交わした。

この約束を実現するため、兄・竜一は裏社会を支配し、弟・竜二は運輸省でエリート官僚になる。

2人は、それぞれ裏社会と表社会で君臨することを野望に掲げ動き出した。

ドラマ「竜の道」原作ネタバレ【竜一は裏社会・竜二はキャリア官僚に】

竜一は自分の身代わりの男を立て、憎き養父母と一緒に燃やし殺害した。

その後、竜一は別人に成りすまし、裏社会でのし上がるための計画をどんどん加速化させていった。

手始めに100億円を調達するため、株の業界紙を発行する新聞社へ潜入。情報を得た竜一は、投資顧問業を始める。

カネに目がない顧客を操り、カネをむしりとっていった。

その後「柴友連合会」のドン・曽根村会長の信頼を勝ち取った竜一は、裏社会の凄まじい権力を完璧な形で味方につける。

一方、弟の竜二は、東大卒業後に運輸省のキャリアに就き、官僚を目指して表社会で計画を進行していた。

その後、竜一は自分の名を「斉藤一成」に変え、巨額詐欺事件を首謀。警察が捜査に動き出したころ、竜一は竜二に50億を残しブラジルへ高飛びしていた。

そして潜伏先のリオ・デ・ジャネイロで整形手術を行い、顔を変え別人になった。

ドラマ「竜の道」原作ネタバレ【美佐のその後】

〜4年後〜

別人と化した竜一は名前を「和田猛」に変え、復讐計画を再開するため日本へ帰国し、流司と再会する。

その竜二も、計画通りキャリア官僚になり、竜一から預かった50億を150億まで増やしていた。

これで、表社会と裏社会の2方向から「二階堂急便」を攻め、叩きつぶすための環境が整った。

その後、竜一は「グローバルTSコーポレーション」という会社を設立し拡大していった。

ところがここで、予想外の出来事が起きた。

元検事の沖和紀が、竜一の焼死偽装の真相に気付き身バレしてしまう。しかし、すぐに沖を殺害し河口湖へ沈めた。

その後、竜一は曽根山会長の義理の娘・宇田咲と結婚。

咲は女性実業家で「レインボー咲」をという、美容関連会社の経営者。

咲は竜一がブラジルへ高飛びする前から結婚を誓いあった仲で、互いに愛しあっていた。

////

成長した美佐は、平田という女性医師と実の母娘のように同居暮らしを送っていた。

そんな美佐には、目が不自由な代わりに謎の予言能力があり、巷ではよく当たると評判の覆面占い師として活動していた。

さらに、性別不詳で顔出しなしの「りゅう」という名義で童話作家としても活動しており、出版した4冊の本はすべてベストセラーになっていた。

しかし、そんな美佐は竜一が生きていることを知らず、竜二を占っても何も見えないと言われてしまう。

ドラマ「竜の道」原作ネタバレ【竜二、二階堂原平と再会】

竜二は、二階堂源平に近づくため、二階堂の娘・まゆみを巧みに言いくるめる。

まゆみは復讐に利用するだけで、竜二が本当に愛してるのは美佐。竜一もそのことを承知で、復讐が済んだら竜二は美佐と一緒になるつもりだった。

その後、竜二は運輸省に辞表を出し周囲を驚かせた。

これからが本当の勝負だ。

まゆみとの結婚を進めるため、竜二は「二階堂急便」の本社がある広島へ行き、二階堂源平と対面した。

結婚したら後継者になることを源平から義務づけられると、竜二は株の3割を50~60億円で買い取ると提示。

竜二からの提案に関心した源平は、結婚祝いで株を譲ると約束した。

二階堂源平は婿養子で、自分の嫁の父が経営する運送会社を乗っ取り、現在の地位を築いた男。

「二階堂急便」は全国に支社を持っていたが、いまだに本社は広島にあった。

その理由は、

他の系列会社が過半数以上の株を譲ってたのに対し、東京の二階堂急便で社長の大西勇だけが応じていなかった。

大西は東京を縄張りにしており、反逆されれば東西の運送業務に支障をきたすと、二階堂は懸念していた。

竜二は「東京二階堂急便」の問題も片付けると約束し、広島本社の「二階堂急便」を東京に移し上場することを約束した。

しかし、竜二には別の狙いがあった。

大西社長と太いパイプで繋がっていた政治家たちは、二階堂が懇意にする政治家たちを毛嫌いしていた。

互いに毛嫌いしあう政治家たちはそれぞれ別のルートで繋がってるため、表の竜一と裏の竜二にとって、大西はとても利用価値のある存在だった。

ドラマ「竜の道」原作ネタバレ【竜二、二階堂原平と再会】

その後、竜二は二階堂源平の後継ぎに決まった。

復讐計画も順調だと思われていた矢先、柴友連合会の曽根山会長が脳梗塞で倒れてしまった。

曽根山会長が仮に死んだ場合、

  • 裏社会との揉め事の解決。
  • 華僑からの資金調達。

など、あらゆる支障をきたすことになる。

しかし、曽根山会長は脳梗塞の後遺症が残るのは確実と見られ、いずれにしても会長の権力に頼ることはできない。

側近も信用できず、このことが外部に漏れた場合は、敵対関係にある組との間に緊張が走ってしまう…。

さらに「柴友連合会」の後継者問題もあり、竜一の妻・宇田咲が曽根村の義理の娘だと知ってるのは一部の人間だけ。

そんな中、竜一は廃人同然の「曽根山会長」の利用方法を思いつく。

※ここで作者の急死により、原作は未完となりました。

ドラマ『竜の道 – 二つの顔の復讐者-』原作との違いは?

はじめに、あるあるですがキャスト名が若干違います。

原作 ドラマ
二階堂原平 霧島源平
二階堂まゆみ 霧島まゆみ
二階堂急送 キリシマ二急便
吉野夫婦 吉江夫婦
吉野美佐 吉江美佐
曽根山会長 曽根村会長

✅ 相違点②

ドラマでは、養父母を死に追いやった霧島源平への復讐劇です。

原作小説は、養父母ではなく美佐の両親で、竜一と竜二を虐待していたのが養父母でした。

ドラマ【竜の道 二つの顔の復讐者】最終回の結末は『未完』

原作小説は作者・白川道(しらかわ・とおる)さんの急死により、これからクライマックスを迎える前に未完となってしまいました。

そのため、ドラマ『竜の道 二つの顔の復讐者』最終回にて、ドラマ制作陣によるオリジナルな結末が描かれることになります!

さらに、原作に無い「設定」もドラマ版には用意されているようなので、こちらも注目ポイントです。

曽根山会長が倒れたことで後ろ盾を失った竜一が、どんな方法で苦難を乗り越え、二階堂源平に復讐を果たしていくのか?

原作未完の結末を、ぜひ最終回まで見届けてください!

created by Rinker
¥620
(2021/04/10 16:19:20時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥803
(2021/04/10 16:19:21時点 Amazon調べ-詳細)

 

人気記事竜の道 キャスト・ネタバレはコチラ

 

2021 春ドラマ 50作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!