ドラマネタバレ・感想

ドクターホワイト|4話 ネタバレ*感想【患者の完治を諦めない】

ドラマ「ドクターホワイト」4話が、2022年2月7日(月)に放送されました。

佐久間くんの諦めない気持ちに、心を動かされました。

このページでは、ドラマ「ドクターホワイト」4話の

  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

ドラマ「ドクターホワイト」4話 ネタバレ

ドラマ「ドクターホワイト」4話のネタバレです。

佐久間の恩師

医療ジャーナリスト・将貴(柄本佑)が書いた記事も手伝い、徐々に院内での評価が高まるチームCDT。

しかし、外科チームの信頼はいまだ得られず、麻里亜(瀧本美織)はその突破口を探っていた。

また、院長の座を狙う真壁(小手伸也)は、レストランで実業家の海江田国男(石橋凌)と出会う。

そんななか、有能な外科医・仙道(高橋努)に目をかけられ、外科へ配属になった研修医の佐久間(高橋文哉)は、病院で高校時代の恩師・鳥羽泰三(橋爪淳)と再会。

合唱部の顧問として大会を控えていた鳥羽は、肝臓血管腫と診断されており、真壁の執刀で腫瘍の摘出手術を受けることになっていた。

ところが、鳥羽の腫瘍を良性だと診断した真壁に対し、白夜(浜辺美波)は検査不十分を理由に誤診だと指摘。

麻里亜も、もう一度検査すべきだと助言するが、CDTを厄介者扱いする真壁は聞く耳を持たない。

その様子に、佐久間は一抹の不安を覚えるが、鳥羽の手術は予定どおり行われる。

脅迫される将貴

一方、白夜は“歌”に興味を持ち、鳥羽の病室に足しげく通うようになる。

その際、鳥羽が頭皮を搔いている様子に注目。白夜から話を聞いたCDTのメンバーは緊急性を感じ、真壁の留守中だったが独断で検査。

鳥羽の肝臓腫瘍は頭皮からの転移で、すでに癌は多臓器に転移しており手術は不可能と、診断される。

積極的な治療を行うか、緩和治療を行うかの選択を迫られた…。

一方、失踪中の勇気(毎熊克哉)から、白夜を詮索すれば自身の命にも危険が及ぶと忠告された将貴。

それでも、刑事である奥村(宮田俊哉)の力を借り、白夜を連れ去ろうとした人物の正体を探っていた。

反社とのつながりもある事務所にたどり着いたが、すでに撤退しており、将貴宛にこれ以上調べるなという脅迫文だけが残されていた。

将貴はなんとか勇気と連絡を取ろうと、SNSに暗号文を投稿し返信を待つことにした。

諦めない佐久間、決意の白夜

その頃、白夜は鳥羽に癌の転移と余命わずかという診断を告知していた。

鳥羽は緩和ケアを望むが、佐久間はまだ何か手があると諦めきれず文献を読み漁る。

鳥羽は、残された時間で合唱部の指導ノート作成に取り掛かった。

緩和ケアを決めたのは患者本人で、余計な治療を勧めることは患者の負担になると、佐久間の行動を戒める先輩医師たち…。

すると佐久間は、鳥羽の症状に効きそうな新薬の論文を見つける。

CDTで話し合った結果、白夜が

鳥羽のことを一番わかっているのは佐久間だから、佐久間の意見に従うべき。

と告げ、他のメンバーも新薬の件を鳥羽に伝えるよう佐久間に許可する。

しかし、佐久間の願いも虚しく、鳥羽はその直前に亡くなってしまった。

鳥羽が亡くなり、“悲しみ”を理解した白夜は落ち込んでしまう。

そんな白夜を気遣い、CDTのメンバーは、白夜の好きな果物をたくさん持ち込む。そして佐久間も、白夜に苺を買ってきた。

白夜は、患者の完治を諦めない、佐久間のような医者になりたいと決意する。

//

一方、テレビ速報で、勇気が横領の容疑で指名手配されたというニュースが流れた。

麻里亜親子は驚き、将貴は何か大きな力が働いているのでは疑う。

 

つづく…

ドクターホワイト|5話 ネタバレ*感想【ラブとライクの違い】ドラマ『ドクターホワイト』5話のネタバレ・感想。2022年2月14日に放送。...
ドクターホワイト|ドラマ 動画の無料視聴《pandora*dailymotion の配信は?》ドラマ『ドクターホワイト』見逃し動画を1話〜最新話まで無料視聴する方法。pandora(パンドラ) や dailymotion(デイリーモーション)の配信は?2022年の放送で、主演は浜辺美波。...

 

ドラマ「ドクターホワイト」4話の感想

ドラマ「ドクターホワイト」4話の感想です。

以上、最後までご覧いただき有難うございました!

関連記事【ドクターホワイト】キャスト・各話のネタバレ

 

2022 春ドラマ 25作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!