ネタバレ・感想

親バカ青春白書|5話 ネタバレ感想【一発も当てたことないヤツが、簡単に人を馬鹿にするな】



親バカ青春白書「第5話」が、2020年8月30日(日)に放送されました!

このページでは、親バカ青春白書「5話」の

  • ネタバレ
  • 感想
  • 次回のあらすじ

についてご紹介します。

親バカ青春白書「5話」ネタバレ

親バカ青春白書「5話」ネタバレです。

カップル成立

美咲が小比賀家に転がり込んで、二ヶ月が経った。

ガタローと美咲は妙にウマが合うようで、家でもバイトでも仲良しの関係。さくらはそんな2人を少し複雑そうな表情で見つめていた。

〜翌日〜

さくらは寛子と畠山に、美咲はガタローのこと好きかもと相談する。しかし、今度は寛子と畠山の仲の良さが気になるさくら💦

そんな中、ガタローは最近大学に来なくなった根来のことを気にかけていた。

根来は人気ユーチューバーになってから人格がおかしくなってしまい、美咲や寛子は良く思っていなかった。

畠山は根来に連絡を送っているようだが、返事は返ってこないという。

そんな根来は相変わらず動画を毎日更新していたが、ガタローは根来が心配になってきた。

一方、寛子はさくらの前で「私と付き合わない?」と畠山に告る。さくらは「だめだよ!ハタケくんはだめ!」と慌てて止めに入る💦

実は寛子の作戦で、恋に奥手なさくらと畠山の仲を進展させようとした…。

さくらはまんまと寛子の言葉に乗っかり、

私がハタケくんのこと好きだから、もしよければお付き合いして欲しい。

と、畠山に告った💕

畠山は「よろこんで」と即答し、無事にさくらと畠山は恋人同士になりました☺️

寛子は満足そうに「あとは二人で楽しんで」と告げ、去っていった。

畠山はさくらの父親を大切にしているところや、さくらの作った梅干しが好きだと話し「また作って欲しい」とお願いする畠山。

するとさくらも、嬉しそうに「いつでも☺️」と答えた💕

ユーチューバー病

畠山はさっそくガタローに「さくらさんとお付き合いさせていただくことになりました。」と報告し、ガタローは数秒たったあと「はぁっ!?今なんて!?」と大声を出す!

授業中だったため、ガタローは大村教授から「小比賀うるさい!」と怒られてしまった⚡

〜数日後〜

さくらは畠山と初デートに出かけた。

さくらのあまりの可愛さに、照れる畠山は「今日のさくら、かわいいなぁ」と伝えると、さくらも嬉しそうに笑った✨

そんなラブラブな二人の前に、なんと!ガタローが現れた…。ショッピングを楽しむ2人を邪魔するガタロー💦

するとさくらは「お父さん、いつまでいるの!?」と怒り、ガタローは「え、俺いちゃだめだった?」と返答。

畠山は「いや、その、この状況にどう対応すればいいのかなって…」と戸惑い、ガタローは「じゃあ慣れよう!」とデートに同行することに💦

そしてランチまで、三人で食べることに…。

謝るさくらに、畠山は

俺はどんな形でも、さくらと一緒にいられるのが嬉しいから。

食べたらちゃんと、2人でデートしたいってガタローさんに言うよ!

と、決意表明する。

するとガタローは「おかしい!根来のチャンネルが昨日更新されなかったんだよ!」と、騒ぎだした。

あれだけ毎日更新していた根来が更新しないのはオカシイ!と、ガタローは強引に、三人で根来の様子を見に行くことになった。。

そして三人で根来の自宅へ行くと、部屋の中はめちゃめちゃ荒れていて、根来はご飯もあまり食べていないという。

すると根来は

毎日毎日、動画の更新のプレッシャー。

気付いたらヤラセにしかならず、このままじゃだめだと思って新しい企画考えるけど全く思いつかなくて…。

もう俺、どうしたらいいかわかんなくて。。

と、ユーチューバー病の悩みを打ち明けてくれた。

さらに、映像スタッフも昨日、突然に辞めると言いだしたらしい💦

暗い雰囲気に耐えかねたガタローの発案で、とりあえず皆で部屋の掃除をすることに。そしてガタローは

俺、売れた小説はデビュー作だけだからさ。

天国と地獄味わってるんだよ。

と、ガタローは根来の気持ちを汲み取ってくれた。




一発も当てたことねぇヤツ

部屋の片付けを終えると、根来が置いていて封筒がないと言い出す。その中には、300万入っていたという💦

間違えてどこかにやってしまったのかと、皆でパニックに!!

慌てて探していると、さくらが部屋の中を撮影したカメラが起動していたことに気付き、みんなで映像を確認。

すると、封筒を持っていく昨日辞めたスタッフたちの姿が…。

ガタローはさっそく、スタッフたちの事務所にみんなで向かった。

みんなで事務所の駐車場で待ち伏せし、さくらと畠山はそのまま動画を撮影することになった。

ガタローは事務所に来たスタッフに

もう、分かってますよね~?

コイツの部屋から金の入った封筒、持っていきましたよね〜?

と問い詰める。

動画に証拠が残っていると伝えると、スタッフたちは慌てて封筒を取り出し「給料の前払いでもらったんすよ。」と言い訳しつつ返した。

しかしスタッフは根来に「たかが一発屋のくせに調子乗ってんじゃねえよ!」と、ディスってきた。

するとガタローは

てめえら「一発屋」バカにすんじゃねえ!

一発も当てたことがない奴がごまんといる中で、一発当てたんだ!すげえじゃねえか!

一発も当てたことねえやつが、0が、簡単に人を馬鹿にしてんじゃねえ!

もし同じこと誰かにしてみろ!

この動画さらして、豚箱ブチこんでやっからな!

と激怒すると、スタッフたちは平謝りして去っていった。

そしてガタローは根来にも説教を始めた。

根来はここ最近みんなから嫌われていると知り、部屋に戻ってきてガタローたちに必死で謝罪した。

お母さん、まさかだよね…

根来はお詫びにと、皆のために実家から送られてきた魚をさばき始める。

根来は実家が漁師で、小学生の頃からやらされていたという。

すると視聴者の皆さんも勘付かれた通り、畠山が「これをyoutubeにアップすればいいじゃん!」と思い付き、驚く根来は、これなら余裕で更新できると笑顔に。

その後、根来がさばいた魚の刺身や、さくらが作った煮つけを皆で食べた。

その夜、さくらとガタローが帰宅すると、美咲はガタローの小説を全部読み終わっていた。

「新作読みたい」という美咲に、ガタローは「そうだな。このままじゃ根来のこと言えねえしな。」と告げた✨

その後、ガタローは尾崎に連絡し

ちょっと相談があって。

詳しいことは明日会って話したいんだけど、真剣に書きたいと思って。

と連絡すると、尾崎も電話越しに嬉しそうだった✨

すると美咲がガタローの部屋に入ってきて、小説のラストについてこういう展開の方が良かったなとレビューする。

そこはガタローも一番迷ったらしく、美咲は編集に向いてると告げる。

美咲は嬉しそうに「この本貰っていい?もう一回読みたい。サインしてよ!」と頼まれ、ガタローはサインをした。

楽しそうな2人の様子を、またしてもさくらはこっそり覗いていた。

そして、幸子の遺影に向かって「お母さん、まさかだよね…」と話しかけたのでした。。

 

つづく…

親バカ青春白書|6話 ネタバレ感想【ガタロー10年ぶりのキス】ドラマ・親バカ青春白書「6話」ネタバレと感想・次回のあらすじ。2020年9月6日放送。...

親バカ青春白書「5話」感想

親バカ青春白書「5話」の感想です。

Twitter

Twitter

Twitter

Twitter

Twitter

親バカ青春白書 次回のあらすじ

「親バカ青春白書」次回のあらすじです。

親バカが高じて二度目の大学生活を満喫していたことを担当編集者の尾崎(谷口翔太)に打ち明けたガタロー(ムロツヨシ)は、小説家としての再起をはかるため頭を下げる。

5ヶ月後―。

大学2年の冬を迎えたさくら(永野芽郁)たちは成人式を間近に控えていた。

ハタケ(中川大志)との交際も順調なさくらだが、いい雰囲気になると必ず現れるガタローのおかげで未だにキスも未遂のまま。

そんな中、相変わらず美咲(小野花梨)が居候を続ける小比賀家に、顔にアザを作った寛子(今田美桜)が訪ねてくる。

事情を抱えた寛子は、冬休みの間小比賀家に泊めて欲しいと頼み……。

さらに留年危機の迫った根来(戸塚純貴)が、大量のレポートを提出するために力を貸して欲しいと転がり込んでくる。

流れに乗ったさくらがなぜかハタケまで呼び出し、小比賀家での冬休み青春シェアハウスがスタート!

胸に芽生えた予想外の恋、いつしか生まれた意外な友情、錯綜する人間関係……

小比賀家を舞台に、めくるめく青春群像劇が繰り広げられる!

引用:公式サイト

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事親バカ青春白書*各話のネタバレはコチラ

全話配信親バカ青春白書|1話〜最新話の動画はコチラ【2週間→無料】

関連記事
error: Content is protected !!