ネタバレ・感想

ケイジとケンジ|2話ネタバレ・視聴率9.7%で2.3↓【作品に罪はない】



2020年1月23日(木)に、木9ドラマ「ケイジとケンジ」第2話が放送されました。

コチラの記事では、ケイジとケンジ「2話」の

・ネタバレ
・感想
・次回の予告とあらすじ

についてご紹介します。

2話ゲストケイジとケンジ|猫田役の俳優は誰?名前は稲葉友でカッコいい!画像

 

ケイジとケンジ「2話」ネタバレ 1/23

男性が歩行者用の階段から何者かに突き落とされ、意識不明になる事件が発生。

フリーターの猫田一也(ねこた・かずや)が容疑者として浮上し、取調べを行った豪太。

最初は否認していた猫田だったが、豪太の熱血教師ばりの説得に涙を流し自供。送検されることになった。

検察に創建された猫田は修平(東出昌大)が担当した。聴取をはじめると、警察に無理やり自供させられたとこれまでの供述を一転させた猫田。

起訴するにも物証がない上、被害者の意識が戻っていないため証言を得ることもできない。拘留期限の9日以内に物証を見つけるよう、豪太たちに指示する修平。

その後の調べで、目黒(磯村勇斗)が新証言を得た。

猫田は過去にも暴力事件を起こしており、すぐにカッとなる人間だった。

という内容で修平に報告したものの、事件に直接的な物証にはならないと豪太は切り捨てられてしまう。

9日以内に物証が得られなければ不起訴になると言い、豪太のお尻を叩くみなみ。

見つからない物証

現場検証や聞き込みをするものの、なかなか物証が得られない豪太たち。

修平からも催促の電話が入り、刑事課・課長の多胡も焦っていた。

一方、豪太は被害者の病院へ顔を出していた。奥さんと幼い娘さんに面会。昏睡状態のお父さんを悲しそうに見ていた娘さん見て、豪太は「お父さんは必ずよくなる。」と励ました。

みなみと一緒にかほりの店を訪れた修平。

検事に文句を言う刑事は初めて見たという修平に、刑事たちが検事に不満を持っているのは間違いないと伝える、みなみ。

現場の捜査に向かう修平

夜も地道な検問活動を行い物証を探していた豪太。しかし、なかなか見つからない。

その夜、豪太は被害者の娘に会ったことをみなみへ伝える。猫田を起訴するための物証を何としても見つけると決意した。

一方修平は、樫村から必ず物証を見つけるよう刑事を動かせと指示されていた。多胡に電話し、物証はまだ見つからないのか?と煽る修平。

ところがその場にいた豪太から、口だけで検事は何もしないのかと指摘。みなみからは、

警察だけに任せていてはダメ

修平が動くところを見たいとみなみに言われ、鞍替えしすぐに現場へ向かった単純な修平。

現場に向かった修平も加わり、豪太と共に捜査を再始動。その際、現場から少し離れた自宅の二階から誰かが覗いているのを発見。

気になった修平は、みなみ・豪太とともにその家を訪問。自宅へ伺った事情を説明すると、おととしから引きこもっている二十歳の息子「西田高志」と判明。

目撃者?

高志の部屋へ行き、ドア越しに話しかける豪太と修平。

事件の内容を伝え、事件当日に何か見なかったかと尋ねたが高志はゲームに夢中。

ドアの前で豪太と修平がワチャワチャしていると腹を立て、部屋の中から物を投げつける高志。その行為にイラだった修平は、無理やりドアをこじ開けようとする。

豪太が止めに入り、元・先生としての経験を活かし優しく話しかける。

被害者は意識不明の重体で、見たのか?見ていなかったか?だけでも教えて欲しいと伝えるが、高志はうるさいの一点張り。結果、豪太もキレてしまい暴言連発💦

その様子を見ていたみなみも参戦し、高志にも引きこもる理由があるかもしれないと、

・上から目線の修平
・無神経な言葉で追い詰める豪太

と言い、2人は怒られてしまう。

高志に謝罪したみなみは、豪太と修平を連れその場を去ろうとする。その時、高志の部屋のドアが開いた。

高志は事件の様子を動画に撮っており、すべてを見せてくれた。

この動画が物証となり、猫田は罪を認め無事に起訴することができた。ニュースでも取り上げられ、協力した高志も喜んでいた。

その後、猫田に突き落とされ意識不明になっていた被害者のお父さんは無事に意識を取り戻す。娘も喜び笑顔になった。

 

おわり

ケイジとケンジ「2話」感想【視聴率9.7%で2.3↓】

ケイジとケンジ「2話」の感想です。

渦中の東出昌大さんに対する報道直後の放送ということで、撮影現場の皆さんを心配する声も多く見られました。

また、第2話の視聴率は9.7%と、1話の12%から2.3ポイントダウンとなりました。(ビデオリサーチ調べ・関東地区)

・お茶の間から嫌われてしまったことが客観的に数字に出た。

・東出さんの露出を減らすしかない。

・エリート検事役として見れない。

・今後シリーズ化する予定があったようにも見える。早急にケンジ役を入れ替えるべき。

など、厳しいご意見が非常に多く見られました。

そんな中、見続けたいという方も。

単純に好きな俳優さんが出ていて見ている方、警官や検察官に興味がありご覧になっている方もいらっしゃると思います。

この「ケイジとケンジ」は、ドラマ史上初の警察機関監修により制作されたドラマです。

東出昌大さんにも十分に反省し、これからを考えて頂きたいです。

しかし、作品に罪はありません。

どうか、1つのNGがすべてのNGになりませんように。

ケイジとケンジ「3話」予告・あらすじ

営業時間中のはずが閉店していたバーの店内で、男性オーナーの刺殺体が見つかった。

連絡を受けて現場に急行した横浜桜木署の刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)と横浜地検みなと支部の検事・真島修平(東出昌大)はそれぞれ、初めての殺人事件現に大張り切り。

検事5年目…初めて大事件に関われるチャンスを逃すまいとばかりに、修平は支部長・樫村武男(柳葉敏郎)に直訴し、この事件を担当することに。

一方、捜査に貢献したくてウズウズしていた豪太も、横浜桜木署刑事課の面々と共に、神奈川県警捜査一課が主導する捜査に参加する。

捜査線上に浮かび上がった被疑者は、運送会社に勤務する瀬川大介(薬丸翔)。

県警捜査一課が任意で取り調べると、瀬川は事件当日にバーへ行ったことも、被害者と口論になったこともあっさり認める。だが、犯行については認めない上に、凶器も発見できず…。

捜査がこう着状態に陥り、焦りを隠せない県警捜査一課。

“落としの長さん”の異名を取る県警の捜査一課長・見城長一郎(池田成志)は修平に詰め寄り、逮捕の許可を出してくれれば、徹底的な取り調べで凶器の隠し場所を吐かせると言い切る。

だが、逮捕は起訴できる完璧な物証をそろえてから…と、修平は拒否。逮捕のタイミングをめぐり、刑事と検事の攻防戦が勃発し…!

そんな中、なぜか豪太はガールズバーに通い始め、前のめりで店員・三浦舞(古畑星夏)をデートに誘うようになる。

さらに…!刑事にとっても検察にとっても、“決してあってはならない事態”が発生する――。

引用:公式サイト

ケイジとケンジ|3話 ネタバレ感想【僕は一体どこで間違えてしまったんだ】ケイジとケンジ「3話」ネタバレと感想。次回の予告あらすじも。2020年1月30日放送。...

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

人気記事ケイジとケンジ|キャスト・ネタバレはコチラ

 

関連記事
error: Content is protected !!