ネタバレ・感想

テセウスの船|4話 ネタバレ感想【上野樹里さんが由紀役で納得】2/9



2020年2月9日(日)に、日曜ドラマ・テセウスの船「第4話」が放送されました。

コチラの記事では、テセウスの船「4話」の

・ネタバレ
・感想
・次回の予告とあらすじ

についてご紹介します。

人気記事テセウスの船|ネタバレ・キャストはコチラ

 

テセウスの船「4話」ネタバレ 2/9

現代へ戻った、心。

心は、自分が過去へ行ったせいで最悪の未来になってしまったと嘆く。急いで自宅へ戻ったが、娘・未来はいない。

自分の自宅であることは間違いない。由紀が生きてるかもしれない!と心は急いで、由紀の実家へ向かった。

由紀との再会

「家に御用ですか?」

心は由紀と遭遇し喜んだのも束の間、由紀は心のことを覚えていなかった。

さらに、週刊誌の記者になっていた由紀は心が佐野文吾の息子だと分かると、インタビューをしてきた。心は慌てて、由紀の元を立ち去ろうとする。

心は姉・鈴の内縁の夫が音臼小事件の生き残り・加藤みきおだと知り、愕然とする。そして、みきおの育ての母は音臼小の教員・木村さつき(麻生祐未)だった。

心は父の無実を証明するため新たな証言・物証を捜す。そこで、ネットで見つけた「音臼小事件被害者の会」に乗り込み証言を得たいと思いつく。

心はその後、記者の由紀と会った。

「父は無実です。」

とハッキリ告げる心が真剣だと感じた由紀は、「音臼小事件被害者の会」の開催場所や日時を教えてくれた。

心、音臼村被害者の会へ

心と藍の会話を盗み聞きしていた木村さつきは、参加しないと言っていたにも関わらず、当日出席していた。

心と由紀は、会場の外で中に入るのをためらう。

「姉の幸せを壊すことは俺にはできない。」

「姉が辛い想いをすると悲しむのは、父なので。」

と悩んだ心は、姉に電話しあきらめる旨を伝えた。ところが藍は

「行って心!証言してくれる人、捜してきて!」

と藍は言ってくれた。

それでも中に入れない心。その時、由紀が会場へ突入し壇上へ上がった。

「佐野文吾氏は本当に犯人なのでしょうか?」

由紀は文吾について音臼村の住人から証言を得た、良い評判を読み上げる。他に真実があるのではないか?と訴える。

途中、被害者から顔に水を掛けれてしまう由紀だったが、毅然とした態度で話せかった情報があれば教えてほしいと情報提供をを求めた。

証言者、現る

数日後、東京。

佐野文吾の弁護士の元へ証言したいという人物が現れ「手紙」が届いたという。

その頃、藍の元へ「今から出て来られますか?」木村さつきからメッセージが届く。部屋に設置した監視カメラで藍の様子を見ていたさつき。

「うさぎなみのおバカさんね…。」

と呟く。

そして、そばにはシアン化カリウムと書かれた瓶が。。

 

つづく

テセウスの船「4話」感想

テセウスの船「4話」の感想です。

もうボロ泣きでした、このシーン😭

上野樹里さんの演技に、皆さんの反響は凄まじいものがありました。

友情出演ではないですね…。

テセウスの船「5話」予告・あらすじ

タイムスリップした平成元年から再び現代へ戻った田村心(竹内涼真)は、歴史が変わってしまうまでは妻だった記者の岸田由紀(上野樹里)の協力を得て、父・文吾(鈴木亮平)の無実を証明できるという証言者の松尾から連絡を受ける。それは心にとって、父の冤罪を晴らす唯一の希望の光だった。

その頃、木村さつき(麻生祐未)に「正体を知っている」と脅されていた村田藍(貫地谷しほり)。文吾の娘だと夫の木村みきお(安藤政信)に隠し続けてきた藍は、さつきのある謀略に協力させられる。

果たして、さつきの魂胆とは何なのか?

そして、心は突然、松尾から証言はできないと連絡を受ける。父を救う唯一の希望を失いたくないと、心は由紀に励まされながら必死で松尾に証言を願うが…。

引用:公式サイト

テセウスの船|5話 ネタバレ感想【運命から逃げない】2/16ドラマ・テセウスの船「5話」ネタバレと感想。2020年2月16日放送。...

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

人気記事テセウスの船|ネタバレ・キャストはコチラ

 

関連記事
error: Content is protected !!