ドラマネタバレ・感想

アノニマス|4話 ネタバレ*感想【人との距離感の正解は?】




ドラマ「アノニマス 警視庁“指殺人”対策室」第4話が、2021年2月15日(月)に放送されました!

既婚男性とのW不倫が報じられ、誹謗中傷の被害に合う元アイドルが指対室を訪れます。

このページでは、ドラマ「アノニマス」4話の

  • ネタバレ
  • 感想
  • 次回のあらすじ

についてご紹介します。

ドラマ「アノニマス」4話 ネタバレ

ドラマ「アノニマス 警視庁“指殺人”対策室」4話のネタバレです。

いいから調べろ!

澪はマッチングアプリの相手の名前を知らず、ソマリさん↔うつせみさんと互いに呼び合っていた。

一方、裏K察に「ねこねこ不倫のタレコミは柳田のしわざ」と書き込まれ、それを知った澪は過呼吸になり寝込んでしまう。

清二によると、柳田修(山本浩司)は3年前、澪と夫を地獄に突き落とした張本人。

宅配便の男(柳田)が玄関で対応した澪に気づき、以降ストーカー行為を繰り返していた。

懲役1年、執行猶予3年の判決が出たにも関わらず、柳田は「ひとこと謝りたい」と何度も澪の自宅に押しかけていた。

しかし警官を突き飛ばしケガをさせたため、柳田には実刑が下る。

//

一方、ネット上では柳田批判に風向きが変わっていた。

澪がマッチングアプリを開くと相手のアカウントは消えていたが、「うつせみ」からまたメールが届いた

うつせみは、澪のことを「元アイドルだと知らなかった」という。

澪のSNSに「ねこやなぎ」というアカウントから、「明日の収録に行きます」とメッセージが入った。

収録スケジュールを知ってるのは関係者に加え、澪はうつせみに教えていた。

それを聞いた万丞は、明日の収録に立ち会い、四宮(清水尋也)に不倫相手の素性とアカウント「うつせみ」を調べるよう指示。

すると「裁判所の許可がない」と反論する四宮に、万丞は「いいから調べろ」と強行捜査をゴリ押しする。

うつせみトラップ

〜翌日〜

澪は街頭リポートの撮影をしていると、清二が柳田に襲われ腕を負傷。そして柳田はナイフを現場に落とし逃走する。

そのナイフからは、柳田の指紋が検出された。

指対策室は柳田の逮捕のため、捜査一課の羽鳥(山本耕史)に応援を要請。

その後、うつせみから澪へ連絡が入り「収録は大丈夫だったか?」と聞かれると、「夫が助けてくれた」と返答する。

するとうつせみから、

そっか、じゃあ僕はもう必要ないね。

でも会いたい。もし君が来なかったら僕は諦める。

愛してるよ、澪。

と返信された。。

菅沼(MEGUMI)は「うつせみ」と同じく、高いワインばかりを自慢しているアカウント「すずむし」を突き止めた。

ストーカーのなりすまし

その後の調べで「うつせみ」と「すずむし」は、柊 有起哉(前川泰之)という男性が使用するアカウントと判明。

一方、万丞は柳田が勤める料理店でナイフが盗まれたと知り、店頭の防犯カメラを調べ柳田の潜伏先を突き止めた。

万丞や捜査一課たちは潜伏先へ駆けつけ、柳田を逮捕するも「やっていない」と叫び容疑を否認する。

そんな中、澪は「うつせみ」に指定されたホテルの部屋へ向かうと、ドアが開いた途端に思わず抱き着いた。

ところが、抱きついた相手は夫の清二だった!

柊の部屋には碓氷と凛々子が駆けつけると、柊は「うつせみ」というアカウントはすでに退会したと証言された。

//

四宮の調べで、柳田のナイフを盗んだのは澪の夫・清二だった。

澪の件を雑誌にリークしたのは清二で、アカウント名「うつせみ」になりすまし澪を試したが、澪がホテルに来たため裏切られたと訴える。

清二は澪の首を締め、一緒に心中しようとしていたところへ万丞が駆けつける!

万丞は澪に夫のことを見ていないと指摘すると、3年前のストーカーで苦していたのは澪だけでなく夫も同じだったと告げる。

「自分が頼りないから、君が愛想をつかしたんじゃないかと」という清二に、澪も夫が自分に関心がないと寂しさを感じていた。

本心を言い合い、分かりあった清二と澪。

倉木セナは生きていた!?

その後、柳田は釈放された。

「昔から人との距離感が分からなくて…」と落ち込む柳田に、羽鳥は

板長が戻ってきてほしいっていってたよ。

真面目なんだってな。

とエールを送った。

その頃、碓氷は越谷(勝村政信)から万丞と昔の相棒の過去を聞いていた。

倉木(シム・ウンギョン)が情報をつかみ、容疑者の男を単独で深追いしたが、倉木は撃たれ男は逃走した。

万丞は相棒を救えなかったことで、捜査の第一線から退いた。

その頃、万丞は車いすに乗る倉木と会っていた…。

 

つづく…

アノニマス|5話 ネタバレ*感想【ぼっちのあなたは誰かの特別】ドラマ『アノニマス 警視庁“指殺人”対策室』5話のネタバレ・感想・次回のあらすじ。2021年2月22日に放送。...

 

ドラマ「アノニマス」4話の感想

ドラマ「アノニマス 警視庁“指殺人”対策室」4話の感想です。

なんと!シム・ウンギョンさん演じる「倉木セナ」は、追っていた犯人の男に射殺されたと思っていました…。

==

ちなみに第4話で登場した依頼人の自宅は、ドラマ「おじさまと猫」で神田先生のご自宅としても使われています。

物件の価格は、3億3,400万円です😌

ドラマ「アノニマス」次回のあらすじ

ドラマ「アノニマス 警視庁“指殺人”対策室」次回のあらすじです。

指対室に、大人気動画配信者さわてぃ(橋本淳)から依頼が。

SNSでの誹謗中傷が1カ月前に突然増加し、ついに「死んで詫びろ」という脅迫が届き怖くなったという。

その脅迫行為が晒されて大バッシングを浴びることになった星野秀一(萩原利久)は、現実世界はもちろん、ネットの世界でも居場所を失ってしまう。

しかし、星野を知る司書の山名栞(鞘師里保)は星野のことをいい人だと言う。さわてぃも何かを隠しているようで…。

万丞(香取慎吾)と咲良(関水渚)は、星野の説得を試みるが最後の望みの綱も絶たれた星野は最悪の選択をとることに…。

引用:公式サイト

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事ドラマ『アノニマス 指殺人』キャスト・ネタバレはコチラ

見逃し配信アノニマス 指殺人|動画1話〜最新話まで見る【2週間→無料】

 

2021 春ドラマ 40作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!