ドラマネタバレ・感想

35歳の少女|5話 ネタバレ感想【多恵 or 結人】




柴咲コウさん主演のドラマ「35歳の少女」第5話が、2020年11月7日(土)に放送しました。

多恵を選ぶか、結人か。望美の決断は!?

このページでは、35歳の少女「5話」の

  • ネタバレ
  • 感想
  • 次回のあらすじ

についてご紹介します。

35歳の少女「5話」ネタバレ

35歳の少女「5話」ネタバレです。

加奈爆発!

急速な成長を見せる望美は、子供時代を懐かしく感じ始めていた。

多恵は思春期のような望美と、家庭教師に訪れる結人の関係を不安げに見守るが、望美の結人に対する気持ちは募るばかり。

その一方で、望美は結人が過去のトラウマから、教師に戻りたいという気持ちを誤魔化していることを気に掛けていた。

一方、愛美は仕事のストレスと相沢への未練に荒れており、結人に恋人代行を依頼。

つい本音でアドバイスをする結人に心を許す愛美だったが、そこに結人の後を尾けて来た望美が現れる!

望美は、愚痴ばかりこぼし本当にやりたいことには挑戦しない愛美と、居酒屋で言い合いなってしまう。

////

進次の家では、加奈が達也に要求された100万円を渡したと聞き、激怒する進次。

すると加奈は「進次が多恵たち元家族に未練を感じている」と、ストレスが爆発!

多恵 or 結人

「教師に戻ることから逃げてる」

という、望美の核心をついたことを言われ、苛立つ結人はわざと望美が自分を嫌うよう仕向ける。

傷ついた望美は、若き日の母・多恵が、父・進次の気持ちを振り向かせた方法を録音した、昔のテープにヒントを得る…。

〜翌日〜

望美は、結人を恋人代行で予約。

『モモ』のように、結人の良き聞き手になろうと努める望美に心打たれた結人は、望美を連れ亡き教え子の墓へ向かった。

そして墓前でもう一度、教師へ戻る覚悟を決めるのだった。

////

望美の自宅へ2人で戻ると、結人は多恵の前で望美との交際許してほしいと頭を下げる。

しかし、望美は多恵から「自分か結人」のどちらかを選べと迫られる…。

望美は多恵を置いて、結人と共に家を出るのだった。

 

つづく…

35歳の少女|6話 ネタバレ感想【私たちは無力だ、でも】ドラマ「35歳の少女」6話のネタバレと感想・次回のあらすじ。2020年11月14日放送。...
【35歳の少女】ドラマ 動画の無料視聴|pandora*dailymotion は?ドラマ『35歳の少女』動画全話を無料視聴する方法。pandora(パンドラ) や dailymotion(デイリーモーション)の配信は?2020年の放送で、主演は柴咲コウ。...

 

35歳の少女「5話」感想

35歳の少女「5話」の感想です。

35歳の少女 次回のあらすじ

ドラマ「35歳の少女」次回のあらすじです。

のぞみ(柴咲コウ)は、初めて多恵(鈴木保奈美)から離れることに不安を隠しながらも、結人(坂口健太郎)との「幼い同棲」を始める。

周囲に交際を認めてもらうために真面目に生きようと誓う結人と望美。

代行業をやめて教師の職を探す結人は、望美がアナウンサーの夢を諦めていないことを知るが、現実の厳しさを伝えられずにいた。

一方多恵は、望美のいない寂しさを紛らわせように仕事に没頭する……。

勢いで会社を辞めた愛美(橋本愛)は、夢だったグラフィックデザイナーを目指すも就活は難航。

お酒のトラブルで会社をクビになった進次(田中哲司)は行き場をなくし、酔って時岡家を訪ねる。望美が出て行ったことを知り、つい多恵に勝ち誇ったような態度をとるが、一蹴される。

一方、理想の教師像を掲げる結人は、採用してくれる小学校が見つからず次第に追い込まれていく。そんな結人を励まし、自分もアナウンサーになる努力を続ける。

そんな中、愛美が二人のアパートを訪れる。

無邪気に夢を追う望美から“本当は多恵の元に帰りたいのでは?”と本質をつかれついカッとなる愛美。

さらに家族の幸せを心から願う望美は、思いがけない行動に出る。

引用:公式サイト

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事35歳の少女|キャスト・ネタバレはコチラ

見逃し配信【35歳の少女】動画1話〜最新話まで見る【2週間→無料】

 

2021 春ドラマ 50作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!