ドラマネタバレ・感想

泣くな研修医|8話 ネタバレ*感想【わたしの武器は、自分らしさ】



ドラマ「泣くな研修医」8話が、2021年6月12日(土)に放送されました!

くるみが倒れてしまいます…。

このページでは、ドラマ「泣くな研修医」8話の

  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

ドラマ「泣くな研修医」8話 ネタバレ

ドラマ「泣くな研修医」8話のネタバレです。

気になるエコー画像

くるみ(恒松祐里)は、コピーライターの患者・北村あすか(トリンドル玲奈)の診察にあたり、佐藤(木南晴夏)に婦人科に回したいと提案する。

佐藤は患者の意思を優先すると告げ、あすかは外科で受け入れることにした。

その頃、看護師の相沢千夏(奥山かずさ)は、吉川(西尾まり)に「辞めたい」と相談すると、吉川は「もう少し悩んでみなよ?」とアドバイスした。

//

くるみはあすかのエコー検査をするため、研修医のメンバーに練習をお願いする。

すると隆治は、くるみのエコーに気になる点を見つけたが「異常なし」と言ってしまう。

あすかのエコー検査の日。

エコーの結果、あすかに腹水が見られくるみは検査入院を勧める。

くるみを心配した隆治は「忙しそうだけど、あんま無理すんなよ」とラインを入れ、喜んでいたくるみ。

ところが、隆治が合コンで出合ったはるか(芋生悠)から手作り弁当を渡される場面を目撃し、複雑な気持ちになるくるみ。。

その後、隆治がくるみに優しく声を掛けても冷たい態度を取られてしまう…。

//

屋上で話をしていた、蒼(野村周平)と千夏。

蒼はビジネススクールに通うつもりだと告げると、千夏は蒼と一緒に行動したいと伝えたが、蒼にそのつもりはなかった。




わたしの武器は、自分らしさ

エコーの練習で撮影したくるみのエコー写真を、藤堂に見せた隆治。

すると「子宮頸がんの疑いがある」と言われ、隆治は子宮頸がんについて調べるはじめる。

そんな矢先、研修医室でくるみが倒れてしまう!

隆治はエコーの練習をしたときに検査を勧めていれば…と、後悔した。佐藤にくるみのエコーの件を伝えると、

「患者で言う言わないを決めるのか?」

と、厳しく指導された。

//

検査の結果、あすかは子宮浸潤だと判明。

佐藤はあすかに「治療には時間がかかる。神様からもらった時間だと思い、頑張って治療しましょう」とあすかを励ます。

一方、くるみは子宮内膜症と診断された。

自分の体と向き合うべき、という佐藤。くるみは落ち込むが、それに気づいただけでも医者に近づいている、と佐藤は勇気づけた。

佐藤は続けて、「目の前の命を救いたいから」医者になったという。

くるみは美容整形に進みたいという希望があったが、佐藤は「自分らしくいられるならそれもいいんじゃない」と伝えた。

その後、あすかの新しいコピーが送られてきた。コピーには

『わたしの武器は、自分らしさ』

と書かれており、佐藤は「最高だね」と評価した。

 

つづく…

泣くな研修医|9話 ネタバレ*感想【頑張るのが悲しい】ドラマ『泣くな研修医』9話のネタバレ・感想。2021年6月19日に放送。...

 

ドラマ「泣くな研修医」8話の感想

ドラマ「泣くな研修医」8話の感想です。

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事【泣くな研修医】キャスト・ネタバレはコチラ

 

2021 夏ドラマ 39作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!