ドラマ無料動画

彼女たちの時代|ドラマ 動画の無料視聴 + pandora*dailymotion の配信は?

ドラマ「彼女たちの時代」全話見たい。無料で配信してる動画サイトってないかなぁ…

こういった疑問にお答えします。

1999年7月7日から9月22日までフジテレビ系列で放送された、深津絵里さん主演のドラマです。

放送フジテレビ系「水曜10時」枠
話数全12話
放送期間1999年7月7日 – 9月22日
主演深津絵里

本記事では、ドラマ「彼女たちの時代」全話の動画を

  • 無料視聴できる配信サイト
  • 違法サイトでの視聴について
  • ドラマ情報

について解説させて頂きました🙇‍♂️

ドラマ「彼女たちの時代」動画を無料視聴できる配信サイトは?

はじめに配信状況です。

ドラマ「彼女たちの時代」の配信状況を、公式動画サービス10社から調べたところ、

2022年7月現在、フジテレビ公式「FOD」のみ全話配信中でした。

2週間無料体験あり /
紹介している作品は、2022年7月時点の情報です。
現在は配信終了している場合もありますので、
詳細はFODプレミアム公式HPにてご確認ください。

 

月額976円(税込)→0円で

そして、FODでは「2週間無料体験」を実施中です。

通常は月額976円(税込)ですが、

月額料金976円(税込)
無料期間2週間
ダウンロード×
アプリ

2週間は無料FOD内の動画コンテンツを見放題できます※一部作品に有料あり。

2週間無料体験の条件

以下いずれかの決済方法で、初めてFODプレミアムに登録された方が対象となります。

各種決済方法
Amazon PayiTunes
楽天ペイクレジット

解約も0円です

  • お試し期間中の解約で料金は発生しません。
  • 見放題なので追加料金もありません。

ドラマ『彼女たちの時代』も、お試し期間中でしたら1話〜全話無料で視聴できます。

2週間は0円なので、無料体験を利用して全話お得にお楽しみください。※登録は4分。

2週間無料体験あり /
紹介している作品は、2022年7月時点の情報です。
現在は配信終了している場合もありますので、
詳細はFODプレミアム公式HPにてご確認ください。

 

ドラマ『彼女たちの時代』パンドラ・デイリーモーションの動画配信は?

パンドラとデイリーモーションで調査したところ、ドラマ『彼女たちの時代』の動画は見つかりませんでした。

違法サイトでの視聴は、

などの理由から、非常にリスクが高いためオススメしません🙇‍♂️

ご紹介した『FODプレミアム』はフジテレビ公式なので、安心・安全に動画を視聴できます。

 

2週間無料体験あり /
紹介している作品は、2022年7月時点の情報です。
現在は配信終了している場合もありますので、
詳細はFODプレミアム公式HPにてご確認ください。

 

彼女たちの時代|ドラマ情報

ドラマ「彼女たちの時代」

  • 見どころ
  • キャスト
  • スタッフ・主題歌
  • 視聴率

についてまとめています。

仕事に恋に人生に悩む等身大の青春ドラマ

大手物流会社のオペレーター室に勤務している羽村深美(深津絵里)は、ひっきりなしに掛かかってくる問合わせや、苦情の電話の対応に追われる日々。

そんな深美は会社からの帰り道、気まぐれに覗いたカルチャースクールで、ゴスペル教室に通う太田千津(水野美紀)と、アメリカの公認会計士を目指す浅井次子(中山忍)と出会う。

深美の義兄・佐伯啓介(椎名桔平)はリストラにあい、これまで順調だった人生が何となく変わってくる。

だが、家には守るべき妻(奥貫薫)がいる。あるとき、ふと思う。

「私は何でこんなことをしているんだろう」
「俺はこんなことがやりたかったんだろうか」

と。

誰もが心の中に言いようのない閉塞感を抱えている時代。

自分の存在理由が揺らいでいる、そんな時代。

このドラマは単なる恋愛ゲームではなく、仕事に恋に人生に悩む等身大の青春ドラマです。

ドラマ「彼女たちの時代」キャスト

羽村深美(26)
– 深津絵里

大手物流会社のオペレーター室に勤務し、通販部門の電話で苦情や問合わせを受ける仕事をしている。両親(父は市役所勤務)と妹(自宅浪人)と同居。姉は結婚し、家を出ている。子供の頃から成績は中の中で、短大を出て今の会社へ。気が強く、口も結構悪い。でも外ではちゃんと会話できる常識は持ちあわせている。恋愛に関しては、人から相談される事の多いタイプ。人の尻は叩けるのだが、自分はさっぱり。。でもそれなりに恋はしてきたが。それに、結構容姿に対するコンプレックスも抱えている。そんなこんなで、いつのまにか26になってしまった。自分の人生こんなものかなぁと、最近思い勝ち。ある時、先輩OLの傷害事件に関わったことで予備校生(美少年)に出会い、不思議な関係が始まる。突然現れたその予備校生の彼女らしい女の子に仕事先で殴られる。ワケも分からずに。で、だんだんその予備校生に惹かれていく自分を発見する。 実は高校時代、姉と結婚した男、啓介に憧れたりしていた。今でも啓介とは何でも話せる仲。

==

佐伯啓介(35)
– 椎名桔平

大手建設会社勤務。 妻(深美の姉)と都内の賃貸マンション暮らし。子供はまだなし。大学の工学部を出て、都市開発部に配属され、いくつものプロジェクトに参画していたが、最近リストラにあい慣れない営業にまわされる。これまで順調だった人生の風向きが何となく変わってくる。35になった今ふと思う。これが俺の人生なんだろうか。なんだか、無性に悪いことがしたいと思う。無頼の人生に憧れはじめる。その気持ちをずっと隠していたが、そんな時、次子と出会ったことで、ブレーキが外れたまま走りはじめる。罪悪感と共にその充実感もあって・・・。だが、それをきっかけに人生の階段を転げ落ちていく。深美のことは、ずっと妹のように可愛がっている。

==

太田千津(26)
– 水野美紀

地方の高校を出て、東京の食品会社へ就職したが、結局は系列のファミレスでウエイトレスの主任。仕事は疲れるし、厨房の人には嫌なら辞めろバイトで十分だといわれるし、バイトには何でこんな仕事してるんですかとか言われる。なんだか八方塞の気分から抜け出そうと、ゴスペル教室で思い切り歌うことでストレスを何とか発散している。年下のフリーター、美紀夫と暮らしている、同棲2年目。すっかり男と女の緊張感もなくなってきて、二人の部屋ではだれっぱなし。美紀夫の自由な生き方が好きになったのだが、自由なのではなく、いい加減なだけなんじゃないかと最近思ってしまう。本当は就職なんかして欲しいと思っているが、美紀夫はまるでそんな気なし。その辺がいつも喧嘩のネタである。

==

浅井次子(26)
– 中山 忍

古典的正統派美人で、両親は高校の先生。子供の頃から優等生で、4大を出て今の会社へ。それまで挫折を知らなかったが、希望の部署には行けず、初めての挫折。 男には負けたくない。それは、7歳の時に死んだ兄に向いたままの母の愛情を自分に向かせたいから。性格は頑ななところがあり、人に心を開けない。おまけに、人の失敗や怠惰なところを許せない。そのせいか、会社の同僚達には煙たがられており、自分でもわかっている。大学時代は人も羨むような美男子と恋人同士になったりしたが、結局窮屈がられて別れている。偶然知り合った男と、ひょっとしたら生まれて初めてかもしれない本物の恋をするが、その男は妻帯者。そして、深みの義兄・啓介で…。

==

米村美紀夫(24)
– 加藤晴彦

フリーター。何だかはわからないが、何か格好いい男になりたいと思っている。でも、何かの才能があるわけでもなく、努力の人でもない。一応バンドをやってみたりしたが・・・、才能があるとすれば女にもてること。しかも年上女に可愛がられ、自分でもそれを分かっている。女姉妹の中で育ち、女がいる方がノビノビする奴。格好いい男としては、女にその気があるのに、行かないのは恥だと思っていて・・・。でも、内心では人生に対する焦りはある。でも、しっかりしてくれと千津に言われると腹が立つ。

==

佐伯直美(30)
– 奥貫 薫

深美の姉で啓介の妻。普通の4年制大学を卒業後、学生時代から付き合っていた啓介と結婚、今年で結婚生活8年目。会社勤めの経験はない。専業主婦だったので早くから子供が欲しかったが、いまだに出来ないでいる。一度夫婦2人で病院に行った方がいいかなと思い始めている。近所の奥さんに誘われて始めた自然食品の共同購入の責任者を任され、結構充実した日々を送っている。今の生活が壊れかけて始めて、自分がすごく幸せだったことに気付き、それを取り戻そうとあがくことになる。

==

西田真也(19)
– 鳥羽 潤

一人暮しの予備校生である。親からの仕送りがたっぷりあり、何不自由ない生活。本当は大学なんてどこでもよかったのだが、親が望む歯科大学に落ち今は予備校生。母への反発のためか、女性を低く見ている。女なんてと。だが、ルックスは良いので女にはもてる。だが、女に心を開こうとはしない。それが、深美と出会って、少しずつ変わっていく。

==

片山茂男(53)
– 平泉成
啓介の出向先の部長で、叩き上げの営業職。で啓介とは対極。「お荷物」な啓介に辛く当たる。

熊沢晴子(33)
– 渡辺典子
深美の会社の先輩で、お局さん的存在。

松下博文(35)
– 温水洋一
深美の会社の課長で、クレーム処理の責任者。職場の女性を統括・指導しており、同期入社の晴子のフォローや仕事の引き継ぎを深美に命じる。

羽村好美(19)
– 赤坂七恵
深美の妹で、危機感の乏しい浪人生。

羽村みどり(53)
– 真屋順子
直美・深美・好美の母。

羽村亮介(55)
– 山本圭
直美・深美・好美の父親で、釣りが趣味の公務員。深美らとの交流を持とうとするも空回り多め。

ドラマ「彼女たちの時代」その他のキャスト

👗 その他のキャストを見る

坂下千里子
緒沢凛
真瀬樹里
河西健司
中西良太
宮迫博之
入江雅人
岡本信人
柏木由紀子
並木史朗
渡辺哲

 

FODプレミアム公式サイトはこちら /
FODプレミアム

ドラマ「彼女たちの時代」脚本・主題歌・スタッフ

ドラマ『彼女たちの時代』脚本や主題歌、スタッフの皆さんです。

脚本:岡田惠和

プロデューサー
– 高井一郎

演出
– 武内英樹、石坂理江子、澤田鎌作

♫ 主題歌

NiNa
「Happy Tomorrow」

♫ 劇中曲

バックストリート・ボーイズ

テーマアレンジ
– 佐久間正英

サントラアレンジ
– PROMINENCE LOOP

ドラマ「彼女たちの時代」受賞歴

ドラマ『彼女たちの時代』受賞歴です。

第22回 ザ・テレビジョンドラマアカデミー賞

👑 最優秀作品賞

主演女優賞
👑 深津絵里

助演男優賞
👑 椎名桔平

脚本賞
👑 岡田惠和

監督賞
👑 武内英樹
👑 石坂理江子
👑 澤田鎌作

==

TVぴあ
👑「ドラマ大賞1999」

テレビStation999
👑「最優秀ドラマ」

ドラマ「彼女たちの時代」視聴率

ドラマ『彼女たちの時代』各話の視聴率は以下のとおりです。

話数📶視聴率
1話12.8%
2話12.4%
3話10.9%
4話11.3%
5話11.9%
6話11.4%
7話10.3%
8話10.6%
9話10.2%
10話11.3%
11話12.4%
12話10.0%
平均視聴率11.2%

関東地区(ビデオリサーチ調べ)

FODプレミアム公式サイトはこちら /
FODプレミアム

ドラマ「彼女たちの時代」あらすじ

ドラマ『彼女たちの時代』各話のあらすじです。

📋1話あらすじ

#1 夢は何ですか?

羽村深美(深津絵里)、26歳。大手物流会社ハートフル販売のオペレーション室で、ひっきりなしにかかってくる問い合わせや苦情の電話の応対に追われる毎日。深美はふっと思うのだ。「私は子供のころ、何になりたかったんだろう」。そして「もしも私が死んだら、誰が困るんだろう」と。

深美の義兄・佐伯啓介(椎名桔平)は、大手建設会社から関連の子会社に出向になったばかり。一流大学の工学部を卒業して大手建設会社でビッグプロジェクトに携わってきたエリートの啓介にとって、屈辱的な日々が続いていた。上司のイヤミに耐える日々。

深美は会社からの帰り道、後輩から勧められたカルチャースクールを気まぐれに覗いてみる。そこで深美は、ゴスペル教室に通う太田千津(水野美紀)と、アメリカの公認会計士の資格を取ろうとしている浅井次子(中山忍)に出会う。深美は、日頃のストレスを発散するために歌っている千津と、自分の夢のために一生懸命頑張っている次子から今までにない刺激を受けた。

ある朝、深美が出社すると先輩OLが別れ話をもちだした年下の交際相手・西田真也(鳥羽潤)を刺して警察に逮捕されたと聞く。驚いて警察に向かった深美は、真也に「人の気持ちをもてあそんで、ひどすぎるじゃない」と語気荒く詰め寄った。しかし「結婚しないってことになったら、それで人生終わりなの。それってずいぶんつまんねぇ人生だよな」という真也の言葉に何も言い返せない。

いろんな事が深美の頭の中を跳ね回る。「このままじゃいけない。何とかしたい」「生きがい・・・みたいなものが欲しい」。

深美の中で何かが動き始めた・・・。

📋2話あらすじ

#2 自分の可能性を信じてますか?

「自分はこのままでいいのか」と思い始めた通販会社OLの羽村深美(深津絵里)は、ちょっとのぞいたカルチャースクールで知り合った太田千津(水野美紀)の勢いにつられてゴスペル教室でレッスンを受けてみることにした。

佐伯啓介(椎名桔平)は、出向先のマンション販売会社で屈辱を感じながら働いていた。上司の嫌がらせもますます激化したようだ。

営業研修セミナーに行った啓介は、深美がカルチャースクールで出会った浅井次子(中山忍)に会った。自ら進んで営業に移った次子は、勉強のためにセミナーに来ていたのだ。セミナーの厳しさは、相当なものだった。プライドも人間性もズタズタにされ二人はすっかり疲れ切る。

深美の姉で啓介の妻・直美(奥貫薫)は、啓介の苦労を理解していない様子。

ある日、深美は土手に座り込んで、何か一人話す啓介を見つけた。そっと近づく深美だったが、啓介の言葉を聞いたとき、深美はゾッ!とするものを感じた。営業の研修にあった「自分が最低の人間だ」ということを啓介はぶつぶつ言っていたのだが、その内容はあまりにつらすぎるものだった。

📋3話あらすじ

#3 前向きに生きていますか?

「このままじゃいけない」と今の自分のことを思う深美(深津絵里)は、カルチャーセンターのゴスペル教室に結局通うことにした。

深美が出社すると、見知らぬ若い女性が待っていていきなり頬を殴られる。予備校生の真也(鳥羽潤)のガールフレンドで、真也が「深美のことが好き」と言ったため、腹いせに深美を殴ったらしい。真也は謝るが、深美は釈然としない。

啓介(椎名桔平)は、相変わらず上司の片山(平泉成)にイビられっぱなし。

片山は、会社の帰りに二人で寄った居酒屋で、偶然会った啓介の学生時代の友人にセールスしろと命じる。「できない」と言う啓介に「まだエリート意識が抜けない」と嫌味たっぷりの片山。

次子(中山忍)は、部長に命じられ街頭で新商品のアンケートをしていた。これも「女のくせに営業なんて」と思う部長の嫌がらせなのだが、そこへ深美と千津(水野美紀)の二人が出くわした。相変わらず不快な態度の次子だが、深美と千津は次子を手伝う。

やっと200件のアンケートを取り終わり、その足で行ったラーメン屋で深美は次子に「あなたには夢とか目標があるからうらやましい」と話し出すと、突然店内にいた男が怒鳴り出す。

「ロクに働きもしないOLのくせに・・・」

といちゃもんをつけてきたのだが、怒った次子がその男にビールをかけたことから、大騒ぎに・・・。

📋4話あらすじ

#4 本当は何を悩んでいますか?

「OLのくせにいっぱしのことをいうな」とからんできたサラリーマンを相手に大暴れした深美(深津絵里)、千津(水野美紀)、次子(中山忍)の3人はちょっとずつ打ち解けてきた。千津は一緒に暮らす美紀夫(加藤晴彦)のふがいなさや愛する気持ちを深美に打ち明けるようになった。

啓介(椎名桔平)は、相変わらず片山にイビられっぱなし。今度は後輩の営業マンに同行させられ、「わかったろ。あんたには向かないんだ。早く辞めてくれ」と言われる始末。

次子はやっと新規契約を取ることができた。やった!と思う次子だが、自分の努力でなく女性だからという理由で、取れたことを知りがっかり。うなだれて駅のベンチに座っている次子をみつけた啓介はつらいセミナーで一緒だった次子の姿を思い出す。

一方、音楽の才能ないと言われ、千津ともぎくしゃくした美紀夫が千津の前から姿を消し・・・。

📋5話あらすじ

#5 ひとの気持ちがわかりますか?

美紀夫(加藤晴彦)が、ギターを捨て、どこかへ行ってしまった。残された千津(水野美紀)は、深美(深津絵里)を呼びよせ、気持ちを聞いて貰うのだった。

啓介(椎名桔平)と次子(中山忍)は偶然再会。ともに営業セミナーで惨めな体験をした共通項から、自分のことや自分のおかれている環境のことなどを話すようになる。

深美、千津、次子、それぞれタイプの違う三人だが、何度か顔を合わすうち打ち解けていくようになる。そんなある日、カルチャーセンターの帰り道、深美と次子はいなくなった美紀夫を街で見つけた。

そして、美紀夫を追いかける。

📋6話あらすじ

#6 となりの席は誰ですか?

深美(深津絵里)に真也(鳥羽潤)が相変わらずまとわりついてくる。ラーメン屋に誘ったり、遊園地に誘ったりする。

啓介(椎名桔平)は1週間以内に契約が取れなければクビと通告される。焦る啓介だが、いっこうに契約は取れず、妻の父・亮介(山本圭)の斡旋でやっと一件契約をとることができた。「自分の力じゃない」と思うのだが、上司には祝福され、次子(中山忍)にも励まされ、次第に気持ちを変えていく。

まじめに働きだした美紀夫(加藤晴彦)だが、また突然仕事を辞めてしまった。だが、自分が怒って美紀夫がいなくなることをおそれる千津(水野美紀)は美紀夫に怒れない。

ある日、深美は突然真也(鳥羽潤)にキスされドギマギするのだった。

📋7話あらすじ

#7 その海は輝いていますか?

深美(深津絵里)宛にお客からお礼の電話が入った。啓介(椎名桔平)はアポイントを取れるように、そして次子(中山忍)はお得意先にやる気を認めてもらえるようになった。千津(水野美紀)もお客の喜ぶ顔を嬉しく感じていた。「どんなにつまらない仕事と思っていても、それなりに喜びがないわけではないんだ。日常って多分そういうものなんだ」と思う深美だった。

深美は姉の直美(奥貫薫)の紹介でお見合いをすることになった。相手に「深美さんはどんな女性なんですか?」と聞かれるが、「あ、どんな人なんだろう?私って」と答えられない。

ある日、ゴスペル教室が終了後、深美と千津は次子と合流する。次子の部屋に集まった三人はそれぞれ自分のことを語る。千津は美紀夫とのこと、そして深美はお見合い相手のこと、そして次子は自分の気持ちを素直に言える男性のことを話した。そして、そのまま三人はいつまにか眠ってしまい朝を迎えるのだった。

翌朝、深美の提案で三人は海に行くことにする・・・。

📋8話あらすじ

#8 ナイチンゲールになれますか?

ある日、深美(深津絵里)と千津(水野美紀)と次子(中山忍)は集まることにした。千津は自分が妊娠したという嘘を真にうけて美紀夫(加藤晴彦)が人が変わったように働いていることに対して、ちょっと嬉しいと思いつつも良心が痛んでいることを報告する。

啓介(椎名桔平)は上司の片山(平泉成)から本社に戻るようにと言われる。啓介がいた不動産会社が倒産してしまうからだ。本社に戻った啓介には仕事がなく、ただ座っているだけだった。

深美はこの前お見合いをした中野誠二(笠兼三)から結婚を前提に交際して欲しいといわれる。その際に中野から啓介が本社にもどってきたことを聞く。倒産してしまった八島不動産販売では片山(平泉成)が一人、啓介に向かって「サラリーマンって何なんだろうね。」と続けるのだった。

千津は「妊娠というのは嘘だった」と勇気をだして打ち明けると「人の人生何だと思っているんだよ」と涙ぐみながらいう美紀夫だった。

そして千津が部屋に戻ると、美紀夫は見知らぬ女性と寝ていた・・・。

📋9話あらすじ

#9 どこにトスが欲しいのですか?

千津(水野美紀)は、美紀夫が見知らぬ女性と部屋にいたことがいたたまれなくて三重の実家に戻った。千津の居場所だけでもわかった深美(深津絵里)と次子(中山忍)は少し安心するのだった。

啓介(椎名桔平)は、新たな配属先として人間開発室勤務を命じられていた。そこは独房のようなところで、啓介はただただ座っているだけだった。

深美は結婚を前提につきあいたいといわれている中野(笠兼三)と一緒にいても「いい人なんだ・・・でも」と思う深美だった。しかし真也(鳥羽潤)に対してはちょっと心に引っかかるものを感じていた。

ある夜、千津から自分は妊娠しているという電話がはいる。最初は信じなかった深美も千津と話しているうちにいてもたってもいられなくなって次子といっしょに美紀夫(加藤晴彦)に会いにいくことにする。

そこで美紀夫はこの前千津が妊娠したといっていたことが嘘だと分かったときの気持ちを言う。が、次子の「千津を迎えに行って」と涙ぐみながらの訴えに我にかえったように美紀夫は千津を迎えに三重に向かった。

次子は啓介の携帯から電話すると啓介から会いたいと言われる。

「軽蔑しない?」と深美に電話しつつもタクシーで待ち合わせ場所に向かうの次子だった。

📋10話あらすじ

#10 その友情は永遠ですか?

駆け落ちした千津(水野美紀)と美紀夫(加藤晴彦)は羽村家ともなじみ賑やかにしていた。千津の父昭二(渡辺哲)が「三重に連れて帰ります」と羽村家にやってきた。あわてて逃げ出した千津と美紀夫だった。

深美(深津絵里)から昭二の伝言「近いうちに二人で来い」「娘は私たち夫婦の宝物なんだ」と聞くのだった。電話の会話を聞いていた次子(中山忍)も「子供のこと心配じゃない親なんて、絶対いないよ」と言うのだった。

啓介椎名桔平は、妻の直美(奥貫薫)に食事をしようと呼びだし自分が配属された人間開発室の実態を語った。「自分は最低な人間だ」と語りつつ、逃げ道をつくり夫として妻を裏切ったことを伝える。それを聞いた直美はどうしていいかわからずに黙るばかりだった。

そのころ、深美と千津と次子は三人で集まっていた。次子の携帯電話が鳴ったので、深美と千津がひょいと次子の携帯電話に表示された名前をみると「佐伯啓介」とある。

次子の相手が啓介だということを知った深美は・・・。

📋11話あらすじ

#11 あなたは何をえらびますか?

次子(中山忍)の相手が義兄の啓介(椎名桔平)だということを知った深美(深津絵里)は激しいショックを受ける。だがそれを次子にも千津(水野美紀)にも言い出せなかった。次子の携帯電話に啓介は「もう二度と会うことはない」というメッセージを残していた。

啓介はその日、会社を退職していたのだ。

次子からそのことを聞いた千津は「電話で一方的に別れ話なんて最低」と息巻くが、深美は何も言えない。そして次子は「二人がいてくれて良かった」と感謝する。

啓介は自分がかつて開発にかかわったニュータウンの中にある公園のベンチに座っていた。そしてただ一人ぽつんとマンション群を見上げていた。

深美は意を決し千津と次子に集まろうと連絡をする。そして二人に深美はずっと友達でいたいと言った後、正直に啓介が自分の義兄だということを打ち明けた。「でもね・・・、やっぱり、私、次子の友達でいたいの」。深美は涙ぐんでいた。そして次子も目にも涙が・・・。二人のやりとりを聞いていた千津も突然号泣するのだった。

次子が仕事の途中、ニュータウンの公園にいる啓介をみかける。深美は直美(奥貫薫)から啓介が家に帰ってきていないことを聞かされていたので、その知らせを受けた深美は直美とともに啓介がいる場所に向かう。

二人が公園に到着すると啓介は隣に座ったホームレスに「あれ、自分が手がけた」と話しかけていた。

それを見た直美は・・・。

📋12話(最終回)あらすじ

#12 ハッピーエンドって何ですか?

深美(深津絵里)は、以前結婚を前提にした交際を申し込まれた中野(笠兼三)に呼び出された。中野から「やっぱりだめですよね」と言われる。深美はふったような、ふられたようなヘンな気分になる。

啓介は、亮介(山本圭)から釣りに誘われた。そのときの会話をきっかけに、啓介は何か吹っ切れた気持ちになっていく。

美紀夫(加藤晴彦)の就職活動をすることにした。ストリートミュージシャンを熱く見つめる美紀夫に千津(水野美紀)は、自分が美紀夫を追いつめているように感じるのだった。そんな矢先、千津の父昭二(渡辺哲)から、手紙がきていた。

次子(中山忍)も名古屋転勤の辞令がでて迷っていた。

深美は、この三か月千津、次子と出会い、いろいろな話したり、行動をともにしたことを思い出していた。そして、

「多分、人が生きていくのって・・・面白くないし格好悪いことだらけなんだ。ドラマチックな出来事なんてそんなあるわけじゃない。小さな小さな日常がずっとずっと延々とつながっているだけなんだ」

と、思うのだった・・・。

 

本ページでは、ドラマ『彼女たちの時代』の動画を無料視聴できる配信サービスをご紹介しました。

以下の違法サイト、

  • pandora(パンドラ)
  • dailymotion(デイリーモーション)

での視聴は、リスクが高いのでオススメしません。

ご視聴はフジテレビ公式「FODプレミアム」の2週間無料体験を利用して、安全でお得にお楽しみください。

2週間無料体験あり /
紹介している作品は、2022年7月時点の情報です。
現在は配信終了している場合もありますので、
詳細はFODプレミアム公式HPにてご確認ください。

 

2022 春ドラマ 25作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!