キャスト

おちょやん|天海(てんかい)役は誰?【茂山宗彦】



2020年後期の朝ドラ『おちょやん』が、2020年11月30日(月)からスタートしました!

一平の父、初代・天海天海(あまみ・てんかい)役の俳優さんが気になったので、調べてみました。

このページでは、天海(てんかい)役の俳優「茂山宗彦」さん

  • 役柄
  • プロフィールと画像
  • 経歴
  • 出演作品

についてご紹介します。

おちょやん 天海(てんかい)役は誰?【茂山宗彦】

俳優「茂山宗彦」さんのプロフィールと役柄です。

天海天海(あまみ・てんかい)役柄

天海一平の父。

酒好き・女好きで型破りな性格のため、息子からは嫌われている。

須賀廼家千之助とともに、天海天海一座を率いている。万太郎一座を超えるために格闘するが、道半ばで倒れる。

引用:公式サイトより

茂山宗彦:プロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

happymoppy(@happymoppy)がシェアした投稿

Profile
読み しげやま・もとひこ
愛称 もっぴー
生年月日 1975年6月4日
年齢 45歳(2020年12月現在)
出身 京都府京都市
学歴 聖母学院幼稚園
東山高等学校
京都造形芸術大学芸術文化学科卒業
好きな物
好きな狂言 上手に出来た時の狂言
趣味 ルアーフィッシング・自転車
職業 狂言方大蔵流の能楽師・俳優

茂山宗彦:経歴

二世茂山七五三の長男として誕生し、祖父は四世茂山千作。

父・祖父および曾祖父(三世茂山千作)に師事し、4歳のときに「以呂波」で初舞台を踏む。

1994年、従弟の茂、弟の逸平とともに「花形狂言少年隊」を結成し、若い世代向けに活動をスタート。

若者たちから熱烈な支持を得て、NHKの番組「」にも取り上げられた。

2000年からは、「心・技・体、教育的古典狂言推進準備研修練磨の会(TOPPA!)」を主催。

2006年には「HANAGATA」を再開し、企画製作そして出演までを自分たちで行い、狂言の魅力発信と、芸を磨くことを目的に活動中。

プライベートでは、2007年に再婚した。

つづいて、茂山宗彦さんの出演作品をご紹介します。

おちょやん 天海(てんかい)役の俳優「茂山宗彦」の出演作品

茂山宗彦さんの出演作品を、一部抜粋してご紹介します。

茂山宗彦:ドラマ出演作品

2007年後期の朝ドラ『ちりとてちん』にて、徒然亭小草若役でブレイクした茂山さん。

「底抜けに…」の決めセリフが人気になり、その際のポーズは、茂山さんご本人が考案したものです😌

また2008年7月には、ちりとてちん外伝『まいご3兄弟』にも出演しました。

その他のドラマ出演

京都発・ぼくの旅立ち
(NHK・1996年)

ふたりっ子
(NHK・1996年)

活動写真の女
(NHK・1999年)

終のすみか
(NHK・1999年)
※文化庁芸術祭参加作品

茂山宗彦:その他の出演

茂山さんは朝ドラだけでなく、ドキュメンタリーや情報番組・ニュースにも出演。

2017年の「ごごナマ」では、地元・京都の祇園祭を紹介したことも。

その他の映画出演

✅ドキュメンタリー

男自転車ふたり旅
〜チェコ ボヘミアの街道を行く〜

伝統芸能の若き獅子たち
〜茂山宗彦 いまこそ狂言師の賭け時〜

チャリダー★
※レポーター

✅ミュージカル

『アンネの日記』
『ザ・近松』

✅ニュース番組

FNNスーパーニュースアンカー
– コメンテーター

ぐるっと関西おひるまえ
– 司会

✅CM

第一三共ヘルスケア
『パテックス フェルビナク35』
※2007年

まとめ

朝ドラ・おちょやんのキャスト、天海天海(あまみ・てんかい)役の俳優「茂山宗彦」さんのプロフと出演作品をご紹介しました。

  • 父は二世茂山七五三、祖父は四世茂山千作、曾祖父は三世茂山千作。
  • 2007年後期の朝ドラ『ちりとてちん』にて、徒然亭小草若役でブレイクした。
  • 現在も狂言の普及活動を続けている。

ということが分かりました。

個人的には「ちりとてちん」ぶりに茂山さんを拝見するので、おちょやんでも、決めセリフ&決めポーズが生まれることを期待します✨

それでは、最後までご覧いただき有難うございました!

人気記事おちょやん その他のキャストはコチラ

 

2021 夏ドラマ 39作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!