キャスト

麒麟がくる|斎藤喜平次(きへいじ)役の俳優は誰?【犬飼直紀】



大河ドラマ『麒麟がくる』第15話が、2020年4月26日に放送されました!

道三の三男役を演じる俳優さんが気になったので、調べてみました。

このページでは、斎藤喜平次役の俳優「犬飼直紀」さん

  • 役柄
  • プロフィールと画像
  • 経歴
  • 出演作品

についてご紹介します。

麒麟がくる|斎藤喜平次(きへいじ)役の俳優は誰?【犬飼直紀】

俳優「犬飼直紀」さんのプロフィールと役柄です。

斎藤喜平次の役柄

斎藤道三の三男で、母は道三の正室・小見の方。

次男・孫三郎とともに道三に溺愛されている…。

引用:公式サイトより

犬飼直紀:プロフィール

 

Profile
読み いぬかい・なおき
生年月日 2000年12月9日
年齢 19歳(2020年4月現在)
出身 東京都
身長 167cm
趣味・特技 乗馬(5級)・殺陣・・スキューバダイビング・パーカッション(都代表)
歌・ダンス・サッカー・バスケットボール・卓球・スキー
資格 全国乗馬ライセンス5級
実用英語検定 準1級
日本漢字能力検定準一級
オープンウォーターライセンス
職業 俳優
デビュー 2013年〜
事務所 アイトゥーオフィス

犬飼直紀:経歴

2013年7月、ミュージカルスクール「ジュエリーキッズ」が主催した、ミュージカルワークショップ「サウンドオブミュージック」に参加。

以後、レッスンを受けながら「未来への贈り物」や「冒険者たち ~この海の彼方へ」など、数々の舞台に主役として出演。

2015年3月に、NHKプレミアムドラマ「私は父が嫌いです」で、主人公・吉田秀一(演:瑛太)の少年期を演じ、テレビドラマ初出演を果たす。

つづいて、犬飼直紀さんの出演作品をご紹介します。

麒麟がくる 斎藤喜平次役の俳優「犬飼直紀」の出演作品

犬飼直紀さんの出演作品を、一部抜粋してご紹介します。

犬飼直紀:映画出演作品

約750人のオーディションを勝ち抜き、2016年公開の映画「14の夜」の主演に抜擢され、映画デビュー。

柔道部の中学生・犬山タカシ役を好演しました!

その他の出演作品

2019年
「ある町の高い煙突」

2018年
「ちはやふる-結び-」
– 松林舜 役

2017年
「笑う招き猫」
– 上杉慎太 役

犬飼直紀:ドラマ出演作品

2018年に放送された大河ドラマ「西郷どん」では、大山格之助(演:北村有起哉)の少年期役として出演しました。

Twitter

その他の出演作品

Amazon Prime Video
「湘南純愛組!」

特捜9 season2 第5話
– 赤羽天馬役

WOWOW 連続ドラマW
「宮沢賢治の食卓」
– 村山勘助 役

WOWOW 連続ドラマW
「獄の棘」

犬飼直紀:ドラマ出演作品

2016年にオンエアされた、ソーダストリームのTVCM「おいしい炭酸水編」&「おいしいハイボール編」に出演。

バックダンサーの1人として登場しています。

その他の出演作品

2020年
オロナミンC

2017年
城南コベッツ

まとめ

ドラマ『麒麟がくる』第15話にて、斎藤喜平次役を演じる俳優「犬飼直紀」さんのプロフと出演作品をご紹介しました。

  • ミュージカルおよび舞台で活躍。
  • NHKでは、西郷どんに出演し大山格之助の青年期を演じていた。

ということが分かりました。

斎藤喜平次の生涯

道三より「一色右兵衛大輔」と名乗らされていた、喜平次。

次兄・孫四郎とともに奢り高ぶり、次第にに長兄・斎藤義龍(高政)を侮るようになったいわれている。

天文23年(1554年)道三の隠居で、斎藤家の家督は長兄・義龍(高政)が継いでいたが、義龍は自身が廃嫡されると考え一計を案じた。

弘治元年(1555年)11月12日、病を装い、喜平次らを自身のいる稲葉山城「奥の間」へ呼び出す。

喜平次と兄・孫四郎は酒に酔ったところを、義龍の寵臣・日根野備中守弘就によって殺害された。

それでは、最後までご覧いただき有難うございました。

 

人気記事麒麟がくる|ゲストキャスト・ネタバレ感想はコチラ

麒麟がくる|斎藤孫四郎(まごしろう)役の俳優は誰?【長谷川純】大河ドラマ『麒麟がくる』第15話に出演、道三の次男・斎藤孫四郎(さいとう・まごしろう)役の俳優は誰?長谷川純(はせがわ・じゅん)のプロフィールと出演作品を紹介。...

 

関連記事
error: Content is protected !!